花言葉辞典

花言葉辞典では、花言葉「情熱」の意味を持つ花を掲載しています。

花言葉「情熱」の意味を持つ花一覧

「情熱」の意味/類義語

激しく高まった気持ち。熱情。 「 -を燃やす」 「 -を傾ける」 「 -家」 〔英語 passion の訳語。北村透谷の造語とされる〕

意義素類語
興奮した気持ち熱情熱意 ・ 熱血 ・ いき込み ・ 狂熱 ・ 強い興味 ・ 気組み ・ 熱心 ・ 意気組み ・ 気込み ・ 熱気 ・ 意気込み ・ 熱狂 ・ 気勢 ・ 意気ごみ ・ 興奮 ・ 熱中 ・ 忘我
強い熱情 ・ 熱血 ・ 血気 ・ 鋭気
強い気持ちまたは感情熱烈さ ・ 熱情 ・ 熱血 ・ 熱心さ ・ 激情 ・ 熱誠 ・ パッション
熱意と強さのこもった感情熱 ・ 熱烈さ ・ 熱情 ・ 熱意 ・ 熱血 ・ いき込み ・ 熱心さ ・ 真剣 ・ 血気 ・ 意気込 ・ 熱心 ・ 気込み ・ 熱誠 ・ 熱烈 ・ 熱気 ・ 意気込み ・ 気勢 ・ 意気ごみ
熱意があふれ出る熱 ・ ほとばしる元気 ・ 熱情 ・ 熱意 ・ あふれる元気 ・ 熱心 ・ 熱狂 ・ 意慾
非常に感情的な特性熱り ・ 熱情 ・ 向かっ腹 ・ 熱血 ・ 向っ腹 ・ 熱心さ ・ 激情 ・ むかっ腹 ・ 癇癪 ・ 情 ・ 熱気 ・ パッション ・ 情火 ・ 情 ・ 客気
(通常、人または主義に賛同しての)強い熱意熱情 ・ 熱意

花言葉で探す

花を好きな理由

ブーゲンビリアを好きな理由

ブーゲンビリア / 30歳 / 女性

日本ではあまりブーゲンビリアが自生していたり、庭に植わっていたりすることが少ないですが、海外では、磁性いていてものすごく大きな木になっていたり、壁一面をつたっていたりして、ピンクの色鮮やかな花がとてもきれいで群生しているのが好きです。また海外の青い海や青い空、輝かしい太陽とよく合い、また、ギリシャ諸島などの白い壁にも色鮮やかに映えるのできれいでかわいくて好きです。

ツツジを好きな理由

ツツジ / 48歳 / 女性

吹き抜ける風もさわやかに過ごしやすくなってくる初夏のころ、一斉に満開となり、心を浮き立たせてくれる。花見と言えば桜だが、よい気候の中散策しつつ楽しむという点では、むしろつつじの方がふさわしいかもしれない。キリシマつつじの赤、レンゲつつじのオレンジ、満天星つつじの白、色もさまざまで目に鮮やかなのも嬉しい。

ツツジを好きな理由

ツツジ / 51歳 / 男性

私がまだ小学生の頃、自宅のすぐ脇に森があり、よくその森の中を散策していました。
森の中は緑色をした草木ばかりでしたが、たまに一種独特なピンク色をした山ツツジに出くわすと、心が晴れやかな気分になったものです。また、開花時期がちょうど暖かくなり出す4月から5月頃という季節に咲くのもツツジが好きな要因にだと思います。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

ヒガンバナ(彼岸花) / 24歳 / 女性

不吉なイメージのあるヒガンバナですが、秋晴れの下に細く繊細な花弁がふわふわと秋風にたなびくのもきれいですし、曇り空の下に赤が目立つといった風景も退廃的なしさがあってとても好きです。また、マンジュシャゲやシビトバナなど様々な別名があるところもおもしろく思います。美しいものにはとげがあると言いますが、根の部分にある毒がそれにあたるのでしょうか。怖いくらいに美しい花だと思います。

プルメリアを好きな理由

プルメリア / 44歳 / 男性

旅行で海外の南国に行ったときに、恥ずかしながら、初めてプルメリアという花を知りました。暑い南国に非常に合っていて、ビーチやプールサイドに憐に咲いていたのが、旅の思い出とともにいまだに忘れられません。花の周りにには蜂や虫なども心地よさそうに蜜を吸っていたのが印象的でした。サイズといい華憐さが非常に心の中に残りました。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

ヒガンバナ(彼岸花) / 47歳 / 女性

地獄のイメージがある彼岸花ですが、
鮮やかな赤でとても綺麗だと思います。曼珠沙など他の名前もいくつもあります。毒を持ちながらも、昔は食用になったと言われています。それと、その毒で動物に荒されるのを防ぐ役割もあったので、お墓や田んぼに咲いていることが多いとか。名前も花言葉も何通りもあり、とてもミステリアスな彼岸花。不吉なイメージだけじゃないのですが、その不吉なイメージが好きな理由のひとつです。

ツツジを好きな理由

ツツジ / 23歳 / 女性

ツツジは、4月から5月にかけて様々な場所で見ることできる、とても身近な花だからです。花の色も白や薄いピンク、濃いピンクとバリエーションがあり、見ていて楽しめます。花が集まってたくさん咲いている様子も可くて好きです。色鮮やかな花びらの中に、10本ほどある雄しべからと、その中心にそびえている雌しべからも非常に強い生命力を感じられます。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

ヒガンバナ(彼岸花) / 30歳 / 男性

まんじゅしゃげ(赤色)は、9月頃に咲く花で、夏から秋へ季節が変わる時期に開花するので、とても季節を感じる花です。また、花が咲いた後、葉が伸びるという生態持ち(通常の草花とは逆)、葉と花を一緒に見ることができないことから「葉見ず花見ず」と呼ばれ、とても儚く、神秘的な花でもあります。
そして花言葉が、「情熱」、「悲しい思い出」とあり、熱くもどこか切ない意味合いにとても魅力を感じております。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

ヒガンバナ(彼岸花) / 29歳 / 女性

世間のイメージはよくない彼岸花ですが、あの綺麗な色と哀愁漂う雰囲気が私は好きです。
また彼岸花が死のイメージを連想させやすいのは確実にテレビのサスペンスの影響だと思ってます。
本来は情熱独立情と言ったいい意味の花言葉なのに世間のイメージが悪いのは非常に残念でなりません。
ある地方では彼岸花のことを曼珠沙と呼んだり、地方ごとに呼び名が違い、1000程の呼び名があると言われていてなかなか興味深い花です。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

ヒガンバナ(彼岸花) / 39歳 / 女性

彼岸花は根に毒があるなどあまり良いイメージを持たれない花ですが、田舎育ちの私は子供のころ田んぼのあぜ道に群生する彼岸花で遊んだ記憶があり、悪いイメージがありません。
茎が簡単にポキポキ折れたり割けたりするので、沢山手折って飾るだけでなく、ネックレスなどを作っていました。
燃えるような赤い色も綺麗で好きです。