花言葉辞典

花言葉辞典では、ベニバナ(紅花)の花言葉やその意味を掲載しています。

ベニバナ(紅花)の花言葉

花の名前 ベニバナ(紅花)
(英語) Carthamus tinctorius
頭文字
詳細

ベニバナ(紅花、学名:Carthamus tinctorius)は、キク科ベニバナ属の一年草または越年草。雅称を末摘花(すえつむはな)ともいう。紅色染料や食用油の原料として栽培される。エジプト原産といわれ、古くから世界各地で栽培されている。日本にはシルクロードを経て4 - 5世紀ごろに渡来したといわれている(6世紀伝来説もあり)。古くは和名を「くれのあい(呉藍)」といい、中国伝来の染料との意味。

誕生花 6月11日
花言葉
 

花言葉で探す