花言葉辞典

花言葉辞典では、ブーゲンビリアの花言葉やその意味を掲載しています。

ブーゲンビリアの花言葉

花の名前 ブーゲンビリア
(英語) Bougainvillea
頭文字
詳細

ブーゲンビリア(Bougainvillea)は、オシロイバナ科ブーゲンビリア属に属する熱帯性の低木である。和名はイカダカズラ(筏葛)、ココノエカズラ(九重葛)である。原産地は、中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林。ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルで木を見つけたフランス人の探検家ブーガンヴィルに由来する。花の色は赤から白まで変化に富み、ピンクやマゼンタ、紫、橙、黄のものもあるように見える。しかし、実際の花はいわゆる花の中央部にある小さな3つの白い部分である(写真では2つしか見えない)。色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)であり、通常3枚もしくは6枚ある。俗に魂の花とも呼ばれている。

誕生花 8月16日
花言葉
 

ブーゲンビリアを好きな理由

ブーゲンビリアを好きな理由

30歳 / 女性

日本ではあまりブーゲンビリアが自生していたり、庭に植わっていたりすることが少ないですが、海外では、磁性いていてものすごく大きな木になっていたり、壁一面をつたっていたりして、ピンクの色鮮やかな花がとてもきれいで群生しているのが好きです。また海外の青い海や青い空、輝かしい太陽とよく合い、また、ギリシャ諸島などの白い壁にも色鮮やかに映えるのできれいでかわいくて好きです。

花言葉で探す