花言葉辞典

花言葉辞典では、ヒガンバナ(彼岸花)の花言葉やその意味を掲載しています。

ヒガンバナ(彼岸花)の花言葉

花の名前 ヒガンバナ(彼岸花)
(英語) Lycoris radiata
頭文字
詳細

ヒガンバナ(彼岸花、学名 : Lycoris radiata)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。日本には北海道から琉球列島まで見られるが、自生ではなく、中国から帰化したものと考えられる。

誕生花 9月20日
花言葉
 

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

47歳 / 女性

地獄のイメージがある彼岸花ですが、
鮮やかな赤でとても綺麗だと思います。曼珠沙など他の名前もいくつもあります。毒を持ちながらも、昔は食用になったと言われています。それと、その毒で動物に荒されるのを防ぐ役割もあったので、お墓や田んぼに咲いていることが多いとか。名前も花言葉も何通りもあり、とてもミステリアスな彼岸花。不吉なイメージだけじゃないのですが、その不吉なイメージが好きな理由のひとつです。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

31歳 / 女性

特徴的な花の形と色です。他の花とは一線を画すようなしいフォルムと鮮やかな赤色は、力強さと品の良さを感じ、人々の目を惹きつけます。また群生している様子は、辺り一面が燃えるように赤くなっており、さらに迫力が増します。川辺などに咲く存在感のある姿は、夏から秋への季節の移ろいを感じさせてくれます。また、名前も他の花にはないような独特の個性があり、かっこいいと思います。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

24歳 / 女性

不吉なイメージのあるヒガンバナですが、秋晴れの下に細く繊細な花弁がふわふわと秋風にたなびくのもきれいですし、曇り空の下に赤が目立つといった風景も退廃的なしさがあってとても好きです。また、マンジュシャゲやシビトバナなど様々な別名があるところもおもしろく思います。美しいものにはとげがあると言いますが、根の部分にある毒がそれにあたるのでしょうか。怖いくらいに美しい花だと思います。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

29歳 / 女性

先ずは独特な花の形と鮮やかな赤色にしさを感じます。

お彼岸の頃に咲いたり、有毒植物の為か『屍人花』『地獄花』『捨子花』等の別名が付いていて不吉なイメージが付きまとう花ですが、
仏教では天上の花として扱われたり、

また、死に至る事もある毒草でありながら、扱いを変えれば、薬にも非常食にもなるという

両極端な二面性を持った花である事に神秘的な魅力を感じます。

花言葉は『また合う日を楽しみにしています』と言ったノスタルジックでいじらしいものが多く、文芸的に美しさを感じることも出来、とても好きな花です。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

39歳 / 女性

彼岸花は根に毒があるなどあまり良いイメージを持たれない花ですが、田舎育ちの私は子供のころ田んぼのあぜ道に群生する彼岸花で遊んだ記憶があり、悪いイメージがありません。
茎が簡単にポキポキ折れたり割けたりするので、沢山手折って飾るだけでなく、ネックレスなどを作っていました。
燃えるような赤い色も綺麗で好きです。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

29歳 / 女性

世間のイメージはよくない彼岸花ですが、あの綺麗な色と哀愁漂う雰囲気が私は好きです。
また彼岸花が死のイメージを連想させやすいのは確実にテレビのサスペンスの影響だと思ってます。
本来は情熱独立情と言ったいい意味の花言葉なのに世間のイメージが悪いのは非常に残念でなりません。
ある地方では彼岸花のことを曼珠沙と呼んだり、地方ごとに呼び名が違い、1000程の呼び名があると言われていてなかなか興味深い花です。

ヒガンバナ(彼岸花)を好きな理由

30歳 / 男性

まんじゅしゃげ(赤色)は、9月頃に咲く花で、夏から秋へ季節が変わる時期に開花するので、とても季節を感じる花です。また、花が咲いた後、葉が伸びるという生態持ち(通常の草花とは逆)、葉と花を一緒に見ることができないことから「葉見ず花見ず」と呼ばれ、とても儚く、神秘的な花でもあります。
そして花言葉が、「情熱」、「悲しい思い出」とあり、熱くもどこか切ない意味合いにとても魅力を感じております。

花言葉で探す