花言葉辞典

花言葉辞典では、チューリップの花言葉やその意味を掲載しています。

チューリップの花言葉

花の名前 チューリップ
(英語) Tulip
頭文字
詳細

チューリップ(英語: tulip [ˈt(j)uːlɪp])はユリ科チューリップ属の植物。球根ができ、形態は有皮鱗茎。和名は鬱金香(うこんこう、うっこんこう)、中近東ではラーレ(トルコ語: lale、ペルシア語: لاله‎ など)と呼ばれる。アナトリア、イランからパミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、カザフスタンのステップ地帯が原産。和名の鬱金香は、この花の香りがスパイスまたは食品を黄色く染めるのに使われるウコンのような、ほこり臭いことに由来する。チューリップの花の香りは概してあまり良くないが、最近香りの良い品種も増えている。

誕生花 4月10日
花言葉
 

チューリップを好きな理由

チューリップを好きな理由

45歳 / 女性

チューリップは幼少の頃からおなじみの春の花で、家庭の庭でもよく見かけますし、小学生の時には球根から栽培して、観察日記をつけた思い出の花です。チューリップで有名なオランダを春に訪れた際、一面に広がる満開のチューリップ畑の中に立つと、とてもしいカラフルな絨毯に埋もれているようで感動しました。一輪でも凛々しく、たくさんあると迫力がある美しさ魅力です。

チューリップを好きな理由

41歳 / 男性

小学生の時初めて鉢植えで育てた花がチューリップでした
球根を手渡しされてこれから自分で水をあげて花を咲かせてあげましょうと
先生から言われて毎日水をあげたのを覚えています

球根ってよほど変なことをしなければ大体花が咲きますよね
私が植えた球根はきれいな赤でした

咲いたときの気持ちはなんとなく覚えています
無事に咲いてよかった
今思えばただミッションを無事終わらせたということだけでしたね

チューリップを好きな理由

44歳 / 女性

チューリップは桜の様に国民的な花と言う訳でもなく、バラの様に見た目の豪さは無いかもしれませんが、世界中で沢山の種類のチューリップが誕生しており人気のある球根植物です。色も形も様々で如何にもチューリップらしい形の物から「これがチューリップなの⁉」と思うような変わった形のものまで多種多様で見ていて飽きません。暖かく気候の良くなった4月~5月に咲くチューリップは初夏の頃の爽やかな季節にピッタリな花だと思います。因みにチューリップとカスミソウは最高の組み合わせだと感じます。

チューリップを好きな理由

33歳 / 女性

チューリップはメリハリがあって、はっきりとしたラインが私の好みの花です。葉もほどよい固さで触ると癒されるます。色や種類が沢山あるので見ていて飽きないし、庭に植えると見栄えが良くなります。子供のときにも自分で球根を植えて育てていたので思い出のある花でもあります。順調に花が咲いてとても嬉しかったので、それが今でもチューリップのイメージになっています。

チューリップを好きな理由

25歳 / 女性

小学校の頃から身近にあった花なので昔から好きです。チューリップは葉が少なく生け花にするのにも適していますし、あのシルエットはとてもキュートで心が優しい気持ちになります。八重咲きをするタイプもあり、色々種類があって楽しい花だと感じます。球根なので毎年楽しめるので雨に濡れるところに埋めておけば育てやすく世話なしです。

チューリップを好きな理由

22歳 / 女性

チューリップを見ると、小学1年生の入学式を思い出します。実家の庭と小学校の校門で育てられていました。色とりどりのチューリップを見ると、その当時の記憶が蘇り、新しい生活にわくわくする気持ちになるのです。今では社会人となり、チューリップを見るということ自体ほとんど無いですが、時々見かけると嬉しい気持ちになります。

チューリップを好きな理由

35歳 / 女性

純粋で優しくらしいイメージがあり、形も丸いので見ているだけでとても癒されます。情熱さは感じられないですが、暖かい愛情溢れる穏やか愛をしたい時にはチューリップを飾りたくなります。特にピンク色のチューリップが好きでとても優しい気持ちを思い出させてくれて気持ちが和みます。春に咲く花というのもまた好きな理由です。

チューリップを好きな理由

44歳 / 女性

チューリップを見ると元気が出て明るい気持ちになります。いろいろな色があります。鮮やかな色、やわらかい色、暗い色、様々な色がありますが、その形から、チューリップを見て暗い気持ちになることはありません。地面を彩る、春を感じる花です。
好きになったきっかけは、山県砺波で毎年行われる「チューリップ祭り」に行ったことです。チューリップの品種が数多くあることを知り、その奥深さを知り、楽しみに大好きになりました。

花言葉で探す