花言葉辞典

花言葉辞典では、カスミソウの花言葉やその意味を掲載しています。

カスミソウの花言葉

花の名前 カスミソウ
(英語) Baby's breath
頭文字
詳細

カスミソウ(Gypsophila elegans)は、ナデシコ科の植物。仏花用などに切り花が生産されるほか、花壇で栽培されることもある。ムレナデシコという和名もある。耐寒性または半耐寒性の一年草。ウクライナ、コーカサス地方、イラン北部などの高緯度地方が原産。花色は白か淡赤色。他のカスミソウ属と同様、岐散花序を形成する。

誕生花 5月21日
花言葉
 

カスミソウを好きな理由

カスミソウを好きな理由

29歳 / 女性

見た目が白く小さな花を咲かせるのでとてもい花です。赤ちゃんの吐息という意味のベビーズブレスという英名も見た目にぴったりでとても好きです。普段は花束などで使われて脇役としてのイメージがありますが、ドライフラワーにする時に色付けをすると小さいながらとてもやかな見栄えになりかすみ草だけでも1つの作品として使えるのが魅力です。

カスミソウを好きな理由

32歳 / 女性

花束では決して主役にはならないカスミソウで、そうなるようにしたのは人間の勝手ではありますが、自分を抑えて周りを引き立てようとする謙虚な姿勢に好感が持てます。強い香りもせず、花もよく見ないと形状がわからないほど小さは花ではありますが、1本の太い茎から上に向かって複数に枝分かれし互いに支え合って、決して自己を主張せず自然とその場に馴染んでいるところが好きです。

カスミソウを好きな理由

33歳 / 女性

かすみ草は、花が一輪一輪とても小さいですが一輪がしっかりとした花で、可く好きです。

においもほのかに香るところが素敵で、気どっていないところも私は気に入っています。
メインになることはありませんが、周りを飾ってしっかりとメインを引き立てる事が出来る縁の下の力持ち的なところも好きです。

白い色も素敵だと思います。雪が舞っているようなそんな感じにみえるところも、魅力的で好きです。

カスミソウを好きな理由

54歳 / 女性

可憐しいかすみ草。ひとつひとつの花は小さくて、目立たないけれど、束で沢山寄せて飾ると何とも言えないいさがあります。
他の花と飾るとそれはそれで、やかさがあり、かすみ草は不思議魅力を持った花です。
ドライフラワーにしてもその美しさは変わらず、長く見つめる事ができます。
そんな主役にも脇役にもなる、かすみ草が大好きです。

カスミソウを好きな理由

48歳 / 男性

かすみ草は学生の時に好きだった女性が好きな花だったので、私も好きになりました。
らしい見た目でメインの花を引き立たせる名脇役として使われますが、私はかすみ草のみの花束が一番好きです。
また、花言葉である「無垢の愛」というのも良いですよね。清楚なイメージな古風な女性が好きな私としては、まさにかすみ草以外に好きな花は思いうかびません。

カスミソウを好きな理由

33歳 / 女性

大きな花も素敵ですが、カスミソウのようにたくさんの小さな花も可くて好きです。カスミソウはなかなか「主役」にはなれないかもしれませんが、ブーケ等を作るときは他の花たちをまとめてくれる存在のように思います。主張しすぎないところがカスミソウの魅力だと思います。かといって存在感がないわけでもないのが、カスミソウの良いところです。

カスミソウを好きな理由

35歳 / 女性

カスミソウは、その花自体がメインとなることはありませんが、どのような花とでも相性がよく、そのメインの花を際立たせることができるのが、とても良いな、と思いました。カスミソウは小さくて可憐な花が咲き、メインとなる花の邪魔になることはなく、しかし、なくてはメインの花を目立たせることができないという名わき役なのではないかな、と思いました。

カスミソウを好きな理由

29歳 / 女性

どんな花束にも合わせやすく、決して自己主張が強くないのに存在感がたっぷりなところが魅力的です。やわらかい色の薔薇やガーベラと合わせるのは定番ですが、ときにはビタミンカラーの中や緑の中でもりんとしていて、かっこいいなあと思います。花束だけでなく、大きな花のオブジェにもときどき流木問っしょに使われたりしていて、使い道の幅が広く、必要とされている花であることを強く感じます。

花言葉で探す