花言葉辞典

花言葉辞典では、花言葉「忍耐」の意味を持つ花を掲載しています。

花言葉「忍耐」の意味を持つ花一覧

「忍耐」の意味/類義語

( 名 ) スル 苦しみ・つらさ・怒りなどを,たえしのぶこと。 「寛容と-」 「 -する限度」

意義素類語
維持するまたは保存する行為堅忍 ・ 我慢 ・ 不屈 ・ 根気 ・ 執着
動作の遅さまたは能力がないことに対する温厚寛大我慢強さ ・ 勘忍 ・ 辛抱 ・ 堪忍袋 ・ 隠忍 ・ 辛棒強さ ・ 寛容さ ・ 辛抱づよさ ・ 我慢 ・ 堪え性 ・ 辛抱強さ ・ 辛棒づよさ ・ がまん強さ ・ 堪忍 ・ 勘弁

花言葉で探す

花を好きな理由

ハナショウブ(花菖蒲)を好きな理由

ハナショウブ(花菖蒲) / 55歳 / 男性

初夏を感じさせてくれる花です。伊勢系、肥後系、江戸系。どれも好きです。特に紫の花はとても高貴気品に溢れていますね。私の隣町にはハナショウブの名所があり、たくさんの種類が水辺に咲き誇る姿は圧巻で、毎年訪れることを楽しみとしています。直線的な茎と葉、それに比して魅力的な曲線で彩られた花の部分は、昔からデザインに好んで取り入れられて来ました。これも日本の文化を代表する花ですよね。

ウメ(梅)を好きな理由

ウメ(梅) / 33歳 / 女性

梅の花は「和」を感じさせてくれるところが魅力です。日本を代表するサクラの「和」も素敵だと思いますが、サクラとは一味違う魅力を感じさせてくれるところが、私は好きです。以前はよく近くの神社に梅を見に行ったので、私にとって思い出の花でもあります。神社の静けさの中に梅の花があると、何となく心温まる感じもしました。

モクレン(木蓮)を好きな理由

モクレン(木蓮) / 46歳 / 女性

春の花といえば桜ですが、まだ暖かくなる前に木蓮の花を見ると春がもうすぐ来るんだな~という気がします。
まだ寒いから、緑もピンクも赤もありません。一般的なやかさは何もない気がするけど凛とした強さを感じます。
大きな花びらは包容力を感じます。
寒さに負けずに、大きな花びらを何かを包み込むかのように控えめに咲かせる、そんな木蓮が好きです。

ウメ(梅)を好きな理由

ウメ(梅) / 50歳 / 女性

日本の花の代表は桜ですが、私はそれ以上に梅の花が好きです。
寒い冬が少しずつ緩んでくる頃に花を咲かせ、その香りもとても心地よく、春が近づいてきたことを感じさせます。
また梅にもいろんな色の花があり、その色も含めて楽しむことが出来ます。
巷で売られている花の香の雑貨などで、イメージと違うものも多いのですが、梅の花は香料を使いやすいのかうまく再現されているのも良いと思います。

ポピーを好きな理由

ポピー / 30歳 / 女性

オレンジ、白、黄色、紫。ポピーにはいろいろな色がありますが、決して主張の強い鮮やかさではなく、春の風に舞うフレアスカートのように軽やかで、見る人の心を明るく元気にしてくれる優しい彩りなのです。そのためか、豊かな彩りは町並みによく溶け込み、意識の向こう側に遠のいて、懐かしい昔に連れて行ってくれそうな、の中に誘うような、不思議魅力を持つお花でもあります。

ウメ(梅)を好きな理由

ウメ(梅) / 45歳 / 女性

私自身が梅の花が咲く時期に生まれ、その香りにちなんで名前をつけられました。ですから特別に思い入れのある花です。
決してやかな花ではありませんが、まだ春と呼ぶには寒く、外の景色が殺風景ななか、それでも梅が咲くともうすぐ春が来るんだと暖かな季節を思い浮かべてワクワクしてきます。香りも爽やかですし、私の大好きな花です。

シュウメイギク(秋明菊)を好きな理由

シュウメイギク(秋明菊) / 45歳 / 女性

主に、赤色の秋明菊が好きです。和風なたたずまいが落ち着いた印象を与えてくれます。我が家に様々な宿根草が植えてありますが、日本の秋の気候と風景にとても合うと思います。蕾から咲き、また、花弁が散った後の綿毛も繊細で終始飽きさせません。お気に入りの花器に、一本でもたくさんでもどちらでも飾るだけで、部屋の落ち着きもぐっと増します。

シバザクラを好きな理由

シバザクラ / 37歳 / 女性

地面を覆いつし咲き誇る様は圧巻だと思います。ピンク、白色とコントラストもハッキリしていて、見ていて元気になります。観光地で楽しむことが多いですが、自宅の庭で雑草の繁殖を防ぐ為のグランドカバープランツとして楽しむこともでき、日々の暮らしに潤いを与えてくれます。遠くから眺めると絨毯の様にしいですが、近くで見ると可憐な姿をしています。

ウメ(梅)を好きな理由

ウメ(梅) / 45歳 / 男性

梅というのは日本的な花ですし、比較的寒い時期に他の花よりも早く咲き始めるというのが生命力を感じてひきつけられます。白い花からピンクや赤といった鮮やか種類があり楽しませてくれます。また花だけでなく実もなるところから梅干しや梅酒、梅ジャムなどいろんな活用ができるので樹木として優れているというところもいいと思います。

ウメ(梅)を好きな理由

ウメ(梅) / 35歳 / 女性

梅は立春を知らせる花の一つです。桜に比べると地味な花というイメージがありますが、控えめなところに好感が持てます。花の形もコロンとして可らしく、香りが良いところもポイントの一つです。また、花を愛でるだけでなく、実を梅干しにしたり梅酒にしたりと様々な用途に利用できるなど、汎用性が高いところも魅力的です。