花言葉辞典

花言葉辞典では、ウメ(梅)の花言葉やその意味を掲載しています。

ウメ(梅)の花言葉

花の名前 ウメ(梅)
(英語) Plum blossom
頭文字
詳細

ウメ(梅、学名:Prunus mume、英: Japanese apricot)は、バラ科サクラ属の落葉高木、またはその果実のこと。花芽はモモと異なり、一節につき1個となるため、モモに比べ、開花時の華やかな印象は薄い。毎年2月から4月に5枚の花弁のある1センチメートルから3センチメートルほどの花を葉に先立って咲かせる。花の色は白、またはピンクから赤。葉は互生で先がとがった卵形で、周囲が鋸歯状。

誕生花 2月1日
花言葉
 

ウメ(梅)を好きな理由

ウメ(梅)を好きな理由

45歳 / 女性

私自身が梅の花が咲く時期に生まれ、その香りにちなんで名前をつけられました。ですから特別に思い入れのある花です。
決してやかな花ではありませんが、まだ春と呼ぶには寒く、外の景色が殺風景ななか、それでも梅が咲くともうすぐ春が来るんだと暖かな季節を思い浮かべてワクワクしてきます。香りも爽やかですし、私の大好きな花です。

ウメ(梅)を好きな理由

45歳 / 男性

梅というのは日本的な花ですし、比較的寒い時期に他の花よりも早く咲き始めるというのが生命力を感じてひきつけられます。白い花からピンクや赤といった鮮やか種類があり楽しませてくれます。また花だけでなく実もなるところから梅干しや梅酒、梅ジャムなどいろんな活用ができるので樹木として優れているというところもいいと思います。

ウメ(梅)を好きな理由

33歳 / 女性

梅の花は「和」を感じさせてくれるところが魅力です。日本を代表するサクラの「和」も素敵だと思いますが、サクラとは一味違う魅力を感じさせてくれるところが、私は好きです。以前はよく近くの神社に梅を見に行ったので、私にとって思い出の花でもあります。神社の静けさの中に梅の花があると、何となく心温まる感じもしました。

ウメ(梅)を好きな理由

50歳 / 女性

日本の花の代表は桜ですが、私はそれ以上に梅の花が好きです。
寒い冬が少しずつ緩んでくる頃に花を咲かせ、その香りもとても心地よく、春が近づいてきたことを感じさせます。
また梅にもいろんな色の花があり、その色も含めて楽しむことが出来ます。
巷で売られている花の香の雑貨などで、イメージと違うものも多いのですが、梅の花は香料を使いやすいのかうまく再現されているのも良いと思います。

ウメ(梅)を好きな理由

35歳 / 女性

梅は立春を知らせる花の一つです。桜に比べると地味な花というイメージがありますが、控えめなところに好感が持てます。花の形もコロンとして可らしく、香りが良いところもポイントの一つです。また、花を愛でるだけでなく、実を梅干しにしたり梅酒にしたりと様々な用途に利用できるなど、汎用性が高いところも魅力的です。

花言葉で探す