花言葉辞典

花言葉辞典では、ハナショウブ(花菖蒲)の花言葉やその意味を掲載しています。

ハナショウブ(花菖蒲)の花言葉

花の名前 ハナショウブ(花菖蒲)
(英語) Iris ensata
頭文字
詳細

ハナショウブ(花菖蒲、Iris ensata var. ensata)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。シノニムはI. ensata var. hortensis, I. kaempferi.アヤメ類の総称としてハナショウブをアヤメと呼ばれることも多く、間違いにはあたらない(あやめ園、あやめ祭り、自治体の花名など)。ハナショウブはノハナショウブ(学名I. ensata var. spontanea)の園芸種である。6月ごろに花を咲かせる。花の色は、白、桃、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれている。

誕生花 5月20日
花言葉
 

ハナショウブ(花菖蒲)を好きな理由

ハナショウブ(花菖蒲)を好きな理由

55歳 / 男性

初夏を感じさせてくれる花です。伊勢系、肥後系、江戸系。どれも好きです。特に紫の花はとても高貴気品に溢れていますね。私の隣町にはハナショウブの名所があり、たくさんの種類が水辺に咲き誇る姿は圧巻で、毎年訪れることを楽しみとしています。直線的な茎と葉、それに比して魅力的な曲線で彩られた花の部分は、昔からデザインに好んで取り入れられて来ました。これも日本の文化を代表する花ですよね。

花言葉で探す