花言葉辞典

花言葉辞典では、モクレン(木蓮)の花言葉やその意味を掲載しています。

モクレン(木蓮)の花言葉

花の名前 モクレン(木蓮)
(英語) Magnolia
頭文字
詳細

モクレン(木蓮、木蘭、Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora、中国では紫玉兰と表記するが木兰、辛夷、木笔、望春、女郎花とも呼ばれる)は、モクレン目モクレン科モクレン属の落葉低木。花が紫色であることから、シモクレン(紫木蓮)の別名もある。ハネズ、モクレンゲと呼ばれることもある。昔は「木蘭(もくらん)」と呼ばれていたこともあるが、これは花がランに似ていることに由来する。今日では、ランよりもハスの花に似ているとして「木蓮(もくれん)」と呼ばれるようになった。

誕生花
花言葉
 

モクレン(木蓮)を好きな理由

モクレン(木蓮)を好きな理由

46歳 / 女性

春の花といえば桜ですが、まだ暖かくなる前に木蓮の花を見ると春がもうすぐ来るんだな~という気がします。
まだ寒いから、緑もピンクも赤もありません。一般的なやかさは何もない気がするけど凛とした強さを感じます。
大きな花びらは包容力を感じます。
寒さに負けずに、大きな花びらを何かを包み込むかのように控えめに咲かせる、そんな木蓮が好きです。

花言葉で探す