花言葉辞典

花言葉辞典では、花言葉「尊敬」の意味を持つ花を掲載しています。

花言葉「尊敬」の意味を持つ花一覧

花言葉 花の名前
尊敬 サルビア
尊敬 ゼラニウム
尊敬 バラ(白)
尊敬 サンシュユ
尊敬 セージ
尊敬 ぺラルゴニウム
尊敬 ムラサキツユクサ
尊敬 ラッパズイセン
尊敬 アブチロン
尊敬 カンナ
尊敬 サルビア
尊敬 サルビア(紫)
尊敬 ツユクサ
尊敬 ムクゲ(木槿)
花言葉 花の名前

「尊敬」の意味/類義語

( 名 ) スル 〔「きょう」は呉音〕 「 そんけい(尊敬) 」に同じ。 「心に君を-すること猶ほ神に於るが如し/花柳春話 純一郎」

意義素類語
うやうやしい精神的な態度尊崇 ・ 敬意 ・ 恭敬
敬意と尊敬の念を示す尊信 ・ 敬畏 ・ 敬う ・ 敬する ・ 崇敬崇める ・ 尊む ・ 讃仰 ・ 崇めたてる ・ 惧れる ・ 敬仰 ・ 畏懼 ・ 推尊 ・ 尊崇 ・ 懼れる ・ 尊ぶ ・ 景仰 ・ 畏れる ・ 欽仰 ・ 仰望 ・ ・ 畏怖 ・ 貴む ・ 崇め立てる ・ 瞻仰 ・ 崇拝 ・ 畏敬 ・ 賛仰 ・ 欽慕
誰かまたは何かに対する畏敬の念崇敬 ・ 尊崇 ・ 敬意 ・ 恭敬 ・ 崇拝 ・ 畏敬 ・ 思案
強く賞賛する行為愛慕 ・ 偶像化 ・ 偶像崇拝 ・ 讃 ・ 感心 ・ 敬慕 ・ 礼讃 ・ 歎美 ・ 偶像礼拝 ・ 崇重 ・ 心酔 ・ 礼拝 ・ 礼賛 ・ 憬れ ・ 傾倒 ・ 讚美 ・ 賛美 ・ 尊崇 ・ 偶像視 ・ 景仰 ・ 渇仰 ・ 恭敬 ・ 嘆美 ・ 憧憬 ・ 崇拝 ・ 欽慕
賞賛を感じる称揚 ・ 嗟歎 ・ 敬畏 ・ 仰ぎみる ・ 敬う ・ 褒め上げる ・ 三嘆 ・ 敬する ・ 推賞 ・ 嘉賞 ・ 嘆じる ・ 崇める ・ 尊む ・ 驚歎 ・ 讃美 ・ 感賞 ・ 絶讃 ・ 驚嘆 ・ 誉め上げる ・ 称讃 ・ 賞揚 ・ 嘆ずる ・ 誉上げる ・ 感心 ・ 仰ぐ ・ 賞する ・ 頌する ・ 見とれる ・ 歎ずる ・ 振り仰ぐ ・ 称嘆 ・ 唸る ・ あおぎ見る ・ 憧れる ・ 敬慕 ・ ふり仰ぐ ・ 感服 ・ 歎美 ・ 褒誉 ・ 褒上げる ・ 嘆称 ・ 推称 ・ 敬仰 ・ 称賛 ・ 振りあおぐ ・ 賞嘆 ・ 褒めあげる ・ 歎じる ・ 仰ぎ見る ・ 嘆賞 ・ 鑽仰 ・ 称美 ・ 称誉 ・ 傾倒 ・ 誉める ・ 尊崇 ・ 褒める ・ 見上げる ・ 嗟嘆 ・ 詠歎 ・ 歎称 ・ 歎賞 ・ 景仰 ・ 賞賛 ・ 渇仰 ・ 観賞 ・ 憬れる ・ 敬服 ・ 嘆美 ・ 慕う ・ 欽仰 ・ 仰望 ・ 賞美 ・ 欣慕 ・ 讃嘆 ・ 賛する ・ 賞玩 ・ 憧憬 ・ 賞讃 ・ 愛でる ・ 詠嘆 ・ 貴む ・ 讃歎 ・ 称える ・ 佳賞 ・ 栄やす ・ 誉め称える ・ 賛嘆 ・ 感歎 ・ 望む ・ 賞翫 ・ 瞻仰 ・ 絶賛 ・ 崇拝 ・ 三歎 ・ 賞誉 ・ 褒め称える ・ 讚する ・ 褒めたたえる ・ 映やす ・ 振仰ぐ ・ 欽慕
ほめ称えられていること(尊敬され、尊重され、敬意を払われていること)敬畏 ・ 尊重 ・ 敬 ・ 敬慕 ・ 敬重 ・ 敬仰 ・ 推重 ・ 恭敬 ・ 敬い ・ 欽仰 ・ 瞻仰 ・ 畏敬 ・ 欽慕
尊敬や敬意の(言葉や行いによる)丁重な表現敬畏 ・ 恭謙 ・ 尊重 ・ 敬 ・ 敬重 ・ 敬仰 ・ 推重 ・ 恭敬 ・ 敬い ・ 欽仰 ・ 瞻仰
友情と尊重の気持ち尊重 ・ 敬意 ・ 恭敬 ・ 畏敬
賞賛あるいは尊敬の態度尊重 ・ 敬 ・ 敬意 ・ 恭敬 ・ 敬い ・ 欽慕
喜びに満ちた賛同と好意の感情三嘆 ・ 尊重 ・ 感心 ・ 感嘆 ・ 歎美 ・ 称賛 ・ 嘆賞 ・ 歎称 ・ 歎賞 ・ 賞賛 ・ 嘆美 ・ 賞玩 ・ 感歎
名誉を与えられていること名聞 ・ 誉 ・ 光輝 ・ 誉れ ・ 栄光 ・ 誉望 ・ 栄誉 ・ 敬意 ・ 敬い ・ 名誉
尊敬を示す敬う ・ 敬する ・ 尚む ・ 仰ぐ ・ 崇う ・ 敬仰 ・ 欽仰 ・ 瞻仰

花言葉で探す

花を好きな理由

セージを好きな理由

セージ / 30歳 / 男性

まずは、ブルーセージのディテールがこよなくらしく感じます。花言葉も、英語で賢人を意味する「sage」に由来するといわれ、「尊敬」「知恵」という意味があるそうでとても共感できる言葉であると思います。また、ヨーロッパでは、寿命をのばし、精神力をたかめ、悲しみを和らげたりする力があるといわれ、とても素敵な花であると思います。

サルビアを好きな理由

サルビア / 45歳 / 女性

サルビアはあの赤い綺麗な見た目もいいですが、なんと言ってもあの甘い蜜です。小学校の帰りによく花壇でサルビアの蜜を吸っていたことを今でも思い出して、懐かしい気持ちになります。あまり蜜は吸わないほうがいいとも聞きますがノスタルジックな気持ちになれます。
いつか引っ越したらガーデニングをする予定なので、その時はぜひサルビアも育ててみたいと思っています。

ツユクサを好きな理由

ツユクサ / 41歳 / 女性

ツユクサは夏になると何処にでも咲いているような花ですが、深い青色がとても綺麗で、子供の頃から大好きです。2枚だけの花びらと、垂れ下がった雄しべというちょっと変わった作りも、他の花にはない嬌があります。朝のうちだけしか見られない、午後になるとしぼんでしまう花というところも、早朝だけの花という特別感があり、見かけると少し得をしたような気分になれます。

サルビア(紫)を好きな理由

サルビア(紫) / 49歳 / 女性

開花期が、6月頃から11月頃までなので、長く楽しめます。ひとつひとつの花は、1センチくらいで小さいですが、群生すると、とてもきれいです。公園の道に沿って、たくさん植えられていたのを見て、この花を知りました。花色は、赤や白、サーモンピンクがあります。育てやすいのも魅力です。ある程度の発芽温度になれば、家でも、簡単に芽を出します。

ツユクサを好きな理由

ツユクサ / 36歳 / 女性

子育てしていく中で、子供と雨時でも外へお散歩する機会が増えました。子どもの歩くスピードはゆっくりだし周りをよく見ているもので、ツユクサに気がつきました。こんなにも天気が悪いのに綺麗に咲くツユクサをみていると、子供とほっこりする気分になれます。それと、自分も小学生の時の通学路でよくツユクサを発見していたことを思い出して、懐かしい気分になれます。

セージを好きな理由

セージ / 63歳 / 女性

セージというとハーブ。ハーブというとハーブティーや料理のアクセントにすることを思いつきます。このロシアンセージは食用にはなりません。しかし、香りはセージそのものです。花は紫色でラベンダーのようです。花の丈が高くなると、遠くからでも目立ちとても豪です。そんなに世話をしなくても花はどんどん豪華になり、見ているだけで幸せな気持ちになれます。