花言葉辞典

花言葉辞典では、花言葉「友情」の意味を持つ花を掲載しています。

花言葉「友情」の意味を持つ花一覧

「友情」の意味/類義語

友達の間のの情。友人の間の情け。友達のよしみ。 「 -に厚い人」

意義素類語
好意的な親交関係と友達同士の善意の精神友情
友人(または友好的)であること親交 ・ 修好 ・ 友好的な関係 ・ 誼 ・ 友好 ・ 親善 ・ 誼み ・ 交宜 ・ 友宜 ・ 友誼 ・ 修交 ・ 交誼 ・ フレンドシップ

花言葉で探す

花を好きな理由

フリージアを好きな理由

フリージア / 36歳 / 女性

冬~春しか花屋に出回らない花で季節感を感じますし、なんといってもその香りが好きです。水仙もそうですが、気品のある、でも派手すぎない和を感じさせる香りが好ましい。そして、つぼみが次々と咲いていくのも、長く楽しめます。色は白・黄色・紫が出回りますが、やはり黄色がフリージアを象徴していて、元気になる明るい色でオススメです。

ヤマボウシ(山法師)を好きな理由

ヤマボウシ(山法師) / 56歳 / 女性

15年前、家を新築した際に玄関先にヤマボウシを植えました。夏には白い花が咲き、スッ〜と木が伸びるとのことだったのでシンボルツリーとしても良いと思っていました。確かに夏には白いキレイな花が咲きます。しかし、スッ〜とは伸びず、また花も2階からしか見えません。上に向かって咲くんですね。あら〜って思いながらも、15年も見ていると着が湧きます。よそで素直に伸びているこの木を見ると、うちの子らしくて可愛い気もします。

ニチニチソウ(日日草)を好きな理由

ニチニチソウ(日日草) / 57歳 / 男性

日日草は夏から秋にかけて咲く花ですが、育て方によっては十分年内まで咲くらしい花です。
値段も安いし様々な色があって、長い期間楽しめるのがいいですね。
価格が安いという事はある意味、何処にでも咲いているということでしょうが、その生命力は路上脇の小さなスペースでも十分に花を咲かせている強い花でそのたくましさが好きですね。

フリージアを好きな理由

フリージア / 47歳 / 女性

数種類の色がありますが、黄色が鮮やかで茎の緑色とのコントラストが綺麗で見ていて元気をもらえます。また香りもとても爽やかでフリージアが近くにあるとアロマ効果なのか気持ちが穏やかになります。この花が咲き出すと春が来たんだなとうれしくなります。花言葉『期待』というように、春はいろいろな期待がわく季節なのでフリージアからパワーをもらえる気がします。

マリーゴールドを好きな理由

マリーゴールド / 32歳 / 女性

庭やポッドでも育てやすいから。
また、色が黄色やオレンジでやかなので、見ているだけで明るい気持ちになる。花びらが何重にも重なっているのでゴージャスな感じもする。
子供の頃、映画『おもひでぽろぽろ』で紅花を摘んでいたのを見た。色や形が似ているのでマリーゴールドを紅花に見立てて摘んで遊んでいたのを思い出すから。

ニチニチソウ(日日草)を好きな理由

ニチニチソウ(日日草) / 52歳 / 女性

初めてお付き合いしている人が家に来るときに、小さな鉢植えで買って家に飾ったのが日日草でした。
花壇に植え替えたら、毎年毎年花を咲かせてくれます。新しい芽も沢山出てきて、最初ショッキングピンクだった日日花が、ピンクや赤や白の花を咲かせています。
そろそろ終わりですが、来年どんな色の花を咲かせるのが楽しみです。