花言葉辞典

花言葉辞典では、フリージアの花言葉やその意味を掲載しています。

フリージアの花言葉

花の名前 フリージア
(英語) Freesia
頭文字
詳細

フリージア (Freesia refracta) はアヤメ科フリージア属・半耐寒性球根植物の種のひとつ。または、フリージア属の総称。日本では別名として菖蒲と水仙双方に似ていることから「菖蒲水仙(アヤメスイセン、ショウブスイセン)」、花の色から「浅黄水仙(アサギスイセン)」、甘い香りから「香雪蘭(コウセツラン)」、その他「コアヤメズイセン」などと呼ばれている。南アフリカのケープ地方に10種あまりが分布しているが、オランダでの品種改良により現在では150以上の園芸品種が存在する。

誕生花 2月11日
花言葉
 

フリージアを好きな理由

フリージアを好きな理由

36歳 / 女性

冬~春しか花屋に出回らない花で季節感を感じますし、なんといってもその香りが好きです。水仙もそうですが、気品のある、でも派手すぎない和を感じさせる香りが好ましい。そして、つぼみが次々と咲いていくのも、長く楽しめます。色は白・黄色・紫が出回りますが、やはり黄色がフリージアを象徴していて、元気になる明るい色でオススメです。

フリージアを好きな理由

47歳 / 女性

数種類の色がありますが、黄色が鮮やかで茎の緑色とのコントラストが綺麗で見ていて元気をもらえます。また香りもとても爽やかでフリージアが近くにあるとアロマ効果なのか気持ちが穏やかになります。この花が咲き出すと春が来たんだなとうれしくなります。花言葉『期待』というように、春はいろいろな期待がわく季節なのでフリージアからパワーをもらえる気がします。

花言葉で探す