花言葉辞典

花言葉辞典では、サルビア(紫)の花言葉やその意味を掲載しています。

サルビア(紫)の花言葉

花の名前 サルビア(紫)
(英語) Sage
頭文字
詳細

サルビア、より正確にはサルビア・スプレンデンス (Salvia splendens) は、シソ科アキギリ属の1種の、ブラジル原産の草本。俗にサルビアと呼ばれる。標準和名としてはヒゴロモソウ(緋衣草)があるが、あまり使われない。スカーレットセージ (scarlet sage) とも呼ばれ、ここでのセージとは広義すなわちアキギリ属のことである。

誕生花 8月31日
花言葉
 

サルビア(紫)を好きな理由

サルビア(紫)を好きな理由

49歳 / 女性

開花期が、6月頃から11月頃までなので、長く楽しめます。ひとつひとつの花は、1センチくらいで小さいですが、群生すると、とてもきれいです。公園の道に沿って、たくさん植えられていたのを見て、この花を知りました。花色は、赤や白、サーモンピンクがあります。育てやすいのも魅力です。ある程度の発芽温度になれば、家でも、簡単に芽を出します。

花言葉で探す