花言葉辞典

花言葉辞典では、スズラン(鈴蘭)の花言葉やその意味を掲載しています。

スズラン(鈴蘭)の花言葉

花の名前 スズラン(鈴蘭)
(英語) Lily of the valley
頭文字
詳細

スズラン(鈴蘭、学名:Convallaria majalis)は、スズラン亜科スズラン属に属する多年草の一種。狭義にはその中の一変種Convallaria majalis var. keiskeiを指す。君影草(きみかげそう)、谷間の姫百合(たにまのひめゆり)の別名もある。フランスでは、花嫁にスズランを贈る風習がある。また、メーデーにスズランの花を贈り合う。フィンランドの国花であり、スウェーデンのイェストリークランド地方の花でもある。

誕生花 5月28日
花言葉
 

スズラン(鈴蘭)を好きな理由

スズラン(鈴蘭)を好きな理由

34歳 / 女性

見た目がいため。
子供の頃に家の庭に自分が普段座っている所から見える場所にスズランが生えてました。
「可愛いな」と暇な時にしょっちゅう見て癒されていた記憶があるので、そういった思い出があるのも好きな理由の一つです。
新婚時代に実家からスズランを摘んで自宅に飾っていたので、その時の初々しさや輝きを思い出すので、それも理由です。

スズラン(鈴蘭)を好きな理由

50歳 / 女性

スズランの花言葉には「純粋」「優雅」「意識しないしさ」などがありますが、鈴型の白い小花を下向きに群をなして咲く姿は、花言葉の通りです。大きな葉っぱに大事そうに包まれて、意識はしていないけれども可憐美しいです。また、幸福をもたらす花として皇族に献上されたとも言われています。記念日や誕生日に、花束として贈ってもらえたら、きっと嬉しくなり幸福になれると思います。こんなスズランが私は好きです。

スズラン(鈴蘭)を好きな理由

36歳 / 女性

桜やバラなど有名な花はたくさんありますが正直綺麗だなと思っても特に流していたのですが、小さいときにスズランを見てから小さくてらしい風貌、真っ白な花とすっと伸びた緑色の葉が綺麗だなと衝撃を受けてから30歳超えた今でも変わらず好きです。スズランは鉢植えが多いため花束になることはありませんが咲く前からスズランは長く大切にできるので心がこもった花のように思えます。

スズラン(鈴蘭)を好きな理由

24歳 / 女性

すずらんの真っ白な花が、儚げにゆらゆらと揺れる姿が可らしくとても好きです。
フランスでは、愛する人や花嫁にすずらんを贈る習慣があるそうです。受け取った人が幸せになると言われています。
そのような理由から私自身も結婚式のブーケにすずらんを使用しました。
愛らしい見た目と優しい香りは、誰もを幸せな気持ちにさせてくれる花だと思います。

スズラン(鈴蘭)を好きな理由

29歳 / 女性

その名の由来通り、鈴の形をした様がとても可らしく真っ白な花の色が清純っぽく見え、子供の頃から大好きな花のひとつです。一本の茎にぶら下がるようにたくさんの花を付け、その集合体は鮮やかで意外と葉が大きいのも可憐さの中に大胆さが見え、愛らしいだけではないのだと好感を持てます。更に毒性があるので、鈴蘭を初めて見た時に見た目とのギャップに感心しました。花屋に訪れた際は真っ先に目を惹かれるしなやかな色気も持つ花だと思います。

スズラン(鈴蘭)を好きな理由

30歳 / 男性

フランスの風習ですが、5月1日にスズランをプレゼントすると、受けとった人に幸せが訪れるとい花です。また、鈴蘭の言い伝えがとても素晴らしい内容です。その内容は、純潔たくましい青年が、恐ろしい毒竜と必死に戦い、毒竜を倒したのですが、その青年も重症で、彼の血がしたたりおちた地を神は聖なる場所とし、しるしに白い鈴蘭の花を咲かせたといったものです。

スズラン(鈴蘭)を好きな理由

42歳 / 女性

すずらんは、まず見た目が可らしくて好きです。私は白い花が好きで、小さい花の形も好みです。葉が大きいのもいいです。
昔、実家の花壇にたくさん植えてあって、すずらんをみると子供の頃を思い出して懐かしい気持ちになります。香りもほんのりとさわやかで好きな香りです。すずらんのモチーフの雑貨をみると思わず買ってしまいます。

スズラン(鈴蘭)を好きな理由

73歳 / 男性

家の近くの公園に野生のスズランが咲いていました。この公園の名前が「スズラン公園」と呼ばれていましたが、公園の正式な名前なのか定かではありません。子供のころから馴染んでいた花で、白い小さな鈴を並べたような可憐さがあり、そばに寄るとても良い香りが忘れられません。今では野生のスズランは殆ど無くなり、この公園でも見つけるのは難しいですが思い出の花です。

花言葉で探す