花言葉辞典

花言葉辞典では、花言葉「謙虚」の意味を持つ花を掲載しています。

花言葉「謙虚」の意味を持つ花一覧

「謙虚」の意味/類義語

( 形動 ) [文] ナリ ひかえめでつつましやかなさま。自分の能力・地位などにおごることなく,素直な態度で人に接するさま。 「 -な態度」 「人の教えを-に聞く」 [派生] -さ ( 名 )

意義素類語
気どらない態度で謙虚
柔和さまたは謙虚さによって特徴付けられる慎ましやか
尊大でないかあるいは推定しないさま謙虚

花言葉で探す

花を好きな理由

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 52歳 / 男性

梅雨は嫌いですが、自分が6月生まれであり、紫陽花が好きです。
色も赤や青や紫のグラデーションが見事で、単色の花と違い色々のバリエーションが楽しめるのも良いと思います。
梅雨で雨が続き鬱陶しく感じる時期に紫陽花を見るとなんとなく心が和んでホッとします。
ヒマワリ等の夏の花々と違い、しっとりとした落ち着いた風情があると思います。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 52歳 / 男性

アジサイは梅雨のゆううつな気分をやわらげてくれます。特に好きなのはピンクのアジサイ。雨に濡れるとひときわ鮮やかに見えます。自宅近くの公園にたくさん植えられているのですが、開花のシーズンにはよくインスタグラムに投稿します。ピンクに限らず、紫、白と色とりどりに咲く様子は写真を撮るのに打ってつけです。雨の季節に舞い降りる天使のようです。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 34歳 / 女性

紫陽花が咲き始める頃は雨の多い梅雨のシーズンですが、雨の降る中でも鮮やかな色々で咲く紫陽花を見るとそのしさにうっとりとしてしまいます。うっとおしい雨でさえもその美しさを引き立てることに一役買っていると思えるほどです。根付いた土壌によってその花の色を変えるという点も紫陽花という花の魅力の一つだと思います。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 40歳 / 女性

梅雨の時期、雨が続く気も沈みがちになることがあるのですが、天気に関わらず、凛としてしい花を咲かせる紫陽花がとても好きです。
天気や見る角度によっても、紫陽花の印象は変わり、昔から俳句などで気持ちを謳う句などで詠まれただけある花だと思っています。
素朴で花々しさはないかもしれませんが、人に馴染みぶかい花だと感じます。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 43歳 / 男性

母の日といえば、カーネーションですが、私個人では、カーネーションは、艶やか過ぎるので、何か他に向いている花があるはずだと思っていた頃に、紫陽花が母の日のプレゼントに躍り出てきたのです。見た目も母の情を表すように凄く優しさを表現しています。今では、紫陽花の色も種類もで、母の日になり、お花屋さんを通るたびに、今年はどんな紫陽花が出ているのか楽しみで観察しています。実際に、実家では、紫陽花を自分で育てています。なんとも癒してくれる花です。

コスモス(秋桜)を好きな理由

コスモス(秋桜) / 55歳 / 男性

咲き乱れるコスモスの姿はとても可憐ですので。今や完全に日本の秋の風景に欠かせない存在となりました。私は寺社仏閣巡りを趣味の一つとしていますが、各地で出会う毎に心が癒される思いがします。古寺の佇まいや、お地蔵さんの姿と秋の青い空が重なった時に、日本の原風景に出会えた喜びを感じますね。花壇にきれいに整備されているよりも、自然に咲き乱れている姿の方が個人的には好きです。自由気ままに風と戯れている。コスモスにはそんなイメージがぴったりですよね。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 35歳 / 女性

梅雨の時期になると気分が沈みがちですが、あじさいの花を見るとうれしくなります。色もピンクや紫など濃いものから、白にほんのりピンクやパープルがかった淡いものまで様々あるのも好きな理由のひとつです。小さな花が集まって大きなこんもりとしたブーケの形になっているのも好きです。自宅で生けてもやかになりますし、ドライにして長い時間楽しめるのも気に入っています。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 43歳 / 男性

梅雨の時期になると紫陽花の花が見頃になります。青やピンクなど本当に色が綺麗です。最近は紫の色が好きで、ずっと見とれてしまいます。雨の季節に少し心もどんよりしてしまいがちなのですが、紫陽花の色を見ていると雨の匂いと相まって本当に癒されます。母の誕生日が6月なのですが、毎年必ず紫陽花の花をプレゼントするようにしています。

コスモス(秋桜)を好きな理由

コスモス(秋桜) / 52歳 / 女性

秋になると、あちらこちらでコスモスが沢山咲いているのを見ると、とても癒されます。写真を撮るにも最高のロケーションです。漢字にすると秋桜と書く所も良いです。山口百恵さんの歌が浮かんできてより一層、コスモスの花について、切なさや癒しを感じる事が出来ます。コスモスが終わって、春になると菜の花が一面に咲く場所があって毎年秋と春に行くのを楽しみにしています。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 53歳 / 女性

アジサイにはいろいろな種類があり、梅雨から初夏にかけて長く様々な花が楽しめるので好きです。日本の清楚な山アジサイの繊細な色合いも、大きな西洋アジサイのカシワバアジサイやアナベルなどのダイナミックな咲き方も気に入っています。梅雨の時期を楽しませてくれることや、花の色合いが変化していくのも面白いと思います。