花言葉辞典

花言葉辞典では、アジサイ(紫陽花)の花言葉やその意味を掲載しています。

アジサイ(紫陽花)の花言葉

花の名前 アジサイ(紫陽花)
(英語) Hydrangea
頭文字
詳細

アジサイ(紫陽花、学名 Hydrangea macrophylla)は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種である。広義には「アジサイ」の名はアジサイ属植物の一部の総称でもある。狭義には品種の一つ H. macrophylla f. macrophylla の和名であり、他との区別のためこれがホンアジサイと呼ばれることもある。原種は日本に自生するガクアジサイ H. macrophylla f. normalis である。

誕生花 6月29日
花言葉
 

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

31歳 / 女性

・こんもりとした花房の形がらしいから
・土壌の性質によって花の色が変わるのが面白いから
・シーボルトと紫陽花をめぐる愛の逸話を聞いてロマンチックだと感じたから
・切り花にしても長持ちするのが便利だから
・花の青さが雨に映えて梅雨時の鬱屈とした気持ちを慰めてくれるから
・剪定が簡単で狭い庭でも栽培しやすいから
・ガクアジサイやアナベルなど品種がだから

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

35歳 / 女性

私が産まれたのが、丁度紫陽花が綺麗に咲く頃で、よく子どもの頃は両親に連れて行ってもらって紫陽花を見に行っていました。様々な色や形の花があって、個性的で、可らしくて、見ていると穏やかな気持ちになれるので大好きです。
紫陽花は、土壌の酸性度によって花の色が変わることで有名ですが、まるで人間の様だなと思うのです。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

52歳 / 男性

梅雨は嫌いですが、自分が6月生まれであり、紫陽花が好きです。
色も赤や青や紫のグラデーションが見事で、単色の花と違い色々のバリエーションが楽しめるのも良いと思います。
梅雨で雨が続き鬱陶しく感じる時期に紫陽花を見るとなんとなく心が和んでホッとします。
ヒマワリ等の夏の花々と違い、しっとりとした落ち着いた風情があると思います。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

43歳 / 男性

母の日といえば、カーネーションですが、私個人では、カーネーションは、艶やか過ぎるので、何か他に向いている花があるはずだと思っていた頃に、紫陽花が母の日のプレゼントに躍り出てきたのです。見た目も母の情を表すように凄く優しさを表現しています。今では、紫陽花の色も種類もで、母の日になり、お花屋さんを通るたびに、今年はどんな紫陽花が出ているのか楽しみで観察しています。実際に、実家では、紫陽花を自分で育てています。なんとも癒してくれる花です。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

34歳 / 女性

紫陽花が咲き始める頃は雨の多い梅雨のシーズンですが、雨の降る中でも鮮やかな色々で咲く紫陽花を見るとそのしさにうっとりとしてしまいます。うっとおしい雨でさえもその美しさを引き立てることに一役買っていると思えるほどです。根付いた土壌によってその花の色を変えるという点も紫陽花という花の魅力の一つだと思います。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

43歳 / 男性

梅雨の時期になると紫陽花の花が見頃になります。青やピンクなど本当に色が綺麗です。最近は紫の色が好きで、ずっと見とれてしまいます。雨の季節に少し心もどんよりしてしまいがちなのですが、紫陽花の色を見ていると雨の匂いと相まって本当に癒されます。母の誕生日が6月なのですが、毎年必ず紫陽花の花をプレゼントするようにしています。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

30歳 / 女性

夏前の季節に咲いているとついつい見入ってしまいます。
一度鎌倉に行った際に、大量のアジサイが咲いているところを見ました。
大量に咲いていると、迫力があり感動的でした。
青~紫のアジサイの花言葉は「冷淡無情高慢辛抱強い情、あなたはしいが冷淡だ」だそうです。
梅雨時期に咲く花らしい辛抱強い感じがあり好きです。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

52歳 / 男性

アジサイは梅雨のゆううつな気分をやわらげてくれます。特に好きなのはピンクのアジサイ。雨に濡れるとひときわ鮮やかに見えます。自宅近くの公園にたくさん植えられているのですが、開花のシーズンにはよくインスタグラムに投稿します。ピンクに限らず、紫、白と色とりどりに咲く様子は写真を撮るのに打ってつけです。雨の季節に舞い降りる天使のようです。

花言葉で探す