花言葉辞典

花言葉辞典では、アジサイ(紫陽花)の花言葉やその意味を掲載しています。

アジサイ(紫陽花)の花言葉

花の名前 アジサイ(紫陽花)
(英語) Hydrangea
頭文字
詳細

アジサイ(紫陽花、学名 Hydrangea macrophylla)は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種である。広義には「アジサイ」の名はアジサイ属植物の一部の総称でもある。狭義には品種の一つ H. macrophylla f. macrophylla の和名であり、他との区別のためこれがホンアジサイと呼ばれることもある。原種は日本に自生するガクアジサイ H. macrophylla f. normalis である。

誕生花 6月29日
花言葉
 

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

43歳 / 男性

母の日といえば、カーネーションですが、私個人では、カーネーションは、艶やか過ぎるので、何か他に向いている花があるはずだと思っていた頃に、紫陽花が母の日のプレゼントに躍り出てきたのです。見た目も母の情を表すように凄く優しさを表現しています。今では、紫陽花の色も種類もで、母の日になり、お花屋さんを通るたびに、今年はどんな紫陽花が出ているのか楽しみで観察しています。実際に、実家では、紫陽花を自分で育てています。なんとも癒してくれる花です。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

52歳 / 男性

梅雨は嫌いですが、自分が6月生まれであり、紫陽花が好きです。
色も赤や青や紫のグラデーションが見事で、単色の花と違い色々のバリエーションが楽しめるのも良いと思います。
梅雨で雨が続き鬱陶しく感じる時期に紫陽花を見るとなんとなく心が和んでホッとします。
ヒマワリ等の夏の花々と違い、しっとりとした落ち着いた風情があると思います。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

41歳 / 女性

あじさいは初夏を感じることができる。初夏生まれなので、また1年経ったなと感じることができます。色々な色があり、また雨の時に見ても風情があります。雨の時にみて気分をあげることができます。お祭りも桜の時期ほどは混んでいないのでゆっくりでることができます。お寺などにあることが多いので、お寺巡りをしながら散歩するのも楽しいです。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

35歳 / 女性

梅雨の時期になると気分が沈みがちですが、あじさいの花を見るとうれしくなります。色もピンクや紫など濃いものから、白にほんのりピンクやパープルがかった淡いものまで様々あるのも好きな理由のひとつです。小さな花が集まって大きなこんもりとしたブーケの形になっているのも好きです。自宅で生けてもやかになりますし、ドライにして長い時間楽しめるのも気に入っています。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

52歳 / 男性

アジサイは梅雨のゆううつな気分をやわらげてくれます。特に好きなのはピンクのアジサイ。雨に濡れるとひときわ鮮やかに見えます。自宅近くの公園にたくさん植えられているのですが、開花のシーズンにはよくインスタグラムに投稿します。ピンクに限らず、紫、白と色とりどりに咲く様子は写真を撮るのに打ってつけです。雨の季節に舞い降りる天使のようです。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

34歳 / 女性

アジサイは梅雨時期の雨の日によく目につきます。雨の日が続くと、髪型をセットするのも一苦労だし、体調もどこか優れないしで気分が滅入るのですが、通り道にアジサイの群生を見かけると心が洗われるようです。私は特に青色のアジサイが好きで、家の近くに群生している場所があり、そこを通る時は必ず目をやるようにしています。青色の花びらに落ちた雨の雫がとても奇麗で、「雨の日も悪くないなぁ」と思えます。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

40歳 / 女性

梅雨の時期、雨が続く気も沈みがちになることがあるのですが、天気に関わらず、凛としてしい花を咲かせる紫陽花がとても好きです。
天気や見る角度によっても、紫陽花の印象は変わり、昔から俳句などで気持ちを謳う句などで詠まれただけある花だと思っています。
素朴で花々しさはないかもしれませんが、人に馴染みぶかい花だと感じます。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

35歳 / 女性

私が産まれたのが、丁度紫陽花が綺麗に咲く頃で、よく子どもの頃は両親に連れて行ってもらって紫陽花を見に行っていました。様々な色や形の花があって、個性的で、可らしくて、見ていると穏やかな気持ちになれるので大好きです。
紫陽花は、土壌の酸性度によって花の色が変わることで有名ですが、まるで人間の様だなと思うのです。

花言葉で探す