花言葉辞典

花言葉辞典では、アジサイ(紫陽花)の花言葉やその意味を掲載しています。

アジサイ(紫陽花)の花言葉

花の名前 アジサイ(紫陽花)
(英語) Hydrangea
頭文字
詳細

アジサイ(紫陽花、学名 Hydrangea macrophylla)は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種である。広義には「アジサイ」の名はアジサイ属植物の一部の総称でもある。狭義には品種の一つ H. macrophylla f. macrophylla の和名であり、他との区別のためこれがホンアジサイと呼ばれることもある。原種は日本に自生するガクアジサイ H. macrophylla f. normalis である。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

35歳 / 女性

紫陽花の色合いが好きです。
紫陽花は空と同じで色合いが変化します。
赤に近い色の時は夕暮れを感じることが出来ます。
雨の多い季節に咲く紫陽花は憂鬱だと思える日をしく彩ってくれるのです。
多様な彩りを見せるので花言葉も多い様です。
その中でも好きな紫陽花の花言葉はピンク色の時の「元気な女性」です。
青色の時は少し冷たい印象も受けますがそれがまた美しいと思えるのです。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

42歳 / 男性

アジサイはとても好きな花のひとつです。梅雨時期に開花しますが、花のひとつひとつが決め細やかで、あざやかに咲いたあアジサイを見ると、梅雨入りしたと感じます。とても風情がある花の一つです。
花びらの色もとても鮮やかで雨によく似合う花だと思います。
古きよき時代の昭和のにおいがあり、とても感慨深くみています。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

35歳 / 女性

梅雨の時期になると気分が沈みがちですが、あじさいの花を見るとうれしくなります。色もピンクや紫など濃いものから、白にほんのりピンクやパープルがかった淡いものまで様々あるのも好きな理由のひとつです。小さな花が集まって大きなこんもりとしたブーケの形になっているのも好きです。自宅で生けてもやかになりますし、ドライにして長い時間楽しめるのも気に入っています。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

43歳 / 男性

梅雨の時期になると紫陽花の花が見頃になります。青やピンクなど本当に色が綺麗です。最近は紫の色が好きで、ずっと見とれてしまいます。雨の季節に少し心もどんよりしてしまいがちなのですが、紫陽花の色を見ていると雨の匂いと相まって本当に癒されます。母の誕生日が6月なのですが、毎年必ず紫陽花の花をプレゼントするようにしています。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

35歳 / 女性

私が産まれたのが、丁度紫陽花が綺麗に咲く頃で、よく子どもの頃は両親に連れて行ってもらって紫陽花を見に行っていました。様々な色や形の花があって、個性的で、可らしくて、見ていると穏やかな気持ちになれるので大好きです。
紫陽花は、土壌の酸性度によって花の色が変わることで有名ですが、まるで人間の様だなと思うのです。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

52歳 / 男性

梅雨は嫌いですが、自分が6月生まれであり、紫陽花が好きです。
色も赤や青や紫のグラデーションが見事で、単色の花と違い色々のバリエーションが楽しめるのも良いと思います。
梅雨で雨が続き鬱陶しく感じる時期に紫陽花を見るとなんとなく心が和んでホッとします。
ヒマワリ等の夏の花々と違い、しっとりとした落ち着いた風情があると思います。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

31歳 / 女性

・こんもりとした花房の形がらしいから
・土壌の性質によって花の色が変わるのが面白いから
・シーボルトと紫陽花をめぐる愛の逸話を聞いてロマンチックだと感じたから
・切り花にしても長持ちするのが便利だから
・花の青さが雨に映えて梅雨時の鬱屈とした気持ちを慰めてくれるから
・剪定が簡単で狭い庭でも栽培しやすいから
・ガクアジサイやアナベルなど品種がだから

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

63歳 / 女性

孫の名前が紫陽花をイメージしたものだったため、私も家族も孫本人も紫陽花が大好きです。新築した家に何を植えようかと迷った時、がくに小さな蕾を持って大輪の花のようになり、6月、7月になると青や紫、ピンク、白い紫陽花が花を咲かせてくれます。土の成分によってですが、どんなアジサイも雨が降った後は花に水滴をためとてもきれいです。ドライフラワーにすることもできるので重宝しています。

花言葉で探す