花言葉辞典

花言葉辞典では、花言葉「元気な女性」の意味を持つ花を掲載しています。

花言葉「元気な女性」の意味を持つ花一覧

花言葉 花の名前
元気な女性 アジサイ(紫陽花)
花言葉 花の名前

花言葉で探す

花を好きな理由

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 30歳 / 女性

夏前の季節に咲いているとついつい見入ってしまいます。
一度鎌倉に行った際に、大量のアジサイが咲いているところを見ました。
大量に咲いていると、迫力があり感動的でした。
青~紫のアジサイの花言葉は「冷淡無情高慢辛抱強い情、あなたはしいが冷淡だ」だそうです。
梅雨時期に咲く花らしい辛抱強い感じがあり好きです。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 52歳 / 男性

梅雨は嫌いですが、自分が6月生まれであり、紫陽花が好きです。
色も赤や青や紫のグラデーションが見事で、単色の花と違い色々のバリエーションが楽しめるのも良いと思います。
梅雨で雨が続き鬱陶しく感じる時期に紫陽花を見るとなんとなく心が和んでホッとします。
ヒマワリ等の夏の花々と違い、しっとりとした落ち着いた風情があると思います。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 42歳 / 男性

アジサイはとても好きな花のひとつです。梅雨時期に開花しますが、花のひとつひとつが決め細やかで、あざやかに咲いたあアジサイを見ると、梅雨入りしたと感じます。とても風情がある花の一つです。
花びらの色もとても鮮やかで雨によく似合う花だと思います。
古きよき時代の昭和のにおいがあり、とても感慨深くみています。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 31歳 / 女性

・こんもりとした花房の形がらしいから
・土壌の性質によって花の色が変わるのが面白いから
・シーボルトと紫陽花をめぐる愛の逸話を聞いてロマンチックだと感じたから
・切り花にしても長持ちするのが便利だから
・花の青さが雨に映えて梅雨時の鬱屈とした気持ちを慰めてくれるから
・剪定が簡単で狭い庭でも栽培しやすいから
・ガクアジサイやアナベルなど品種がだから

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 43歳 / 男性

梅雨の時期になると紫陽花の花が見頃になります。青やピンクなど本当に色が綺麗です。最近は紫の色が好きで、ずっと見とれてしまいます。雨の季節に少し心もどんよりしてしまいがちなのですが、紫陽花の色を見ていると雨の匂いと相まって本当に癒されます。母の誕生日が6月なのですが、毎年必ず紫陽花の花をプレゼントするようにしています。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 53歳 / 女性

アジサイにはいろいろな種類があり、梅雨から初夏にかけて長く様々な花が楽しめるので好きです。日本の清楚な山アジサイの繊細な色合いも、大きな西洋アジサイのカシワバアジサイやアナベルなどのダイナミックな咲き方も気に入っています。梅雨の時期を楽しませてくれることや、花の色合いが変化していくのも面白いと思います。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 52歳 / 男性

アジサイは梅雨のゆううつな気分をやわらげてくれます。特に好きなのはピンクのアジサイ。雨に濡れるとひときわ鮮やかに見えます。自宅近くの公園にたくさん植えられているのですが、開花のシーズンにはよくインスタグラムに投稿します。ピンクに限らず、紫、白と色とりどりに咲く様子は写真を撮るのに打ってつけです。雨の季節に舞い降りる天使のようです。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 34歳 / 女性

紫陽花が咲き始める頃は雨の多い梅雨のシーズンですが、雨の降る中でも鮮やかな色々で咲く紫陽花を見るとそのしさにうっとりとしてしまいます。うっとおしい雨でさえもその美しさを引き立てることに一役買っていると思えるほどです。根付いた土壌によってその花の色を変えるという点も紫陽花という花の魅力の一つだと思います。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 43歳 / 男性

アジサイは6月7月頃に咲く花です。梅雨の長い雨やジメジメした湿度で暗い気持ちになっている中で、アジサイが咲いているのを見ると、少なからず気持ちが明るくなります。一つ一つの色が微妙に違うものがそれぞれ目を楽しませてくれている上に、それが群生し、一つの塊として見ても、一つ一つとは違う印象を与えてくれるところに魅力を感じます。

アジサイ(紫陽花)を好きな理由

アジサイ(紫陽花) / 40歳 / 女性

梅雨の時期、雨が続く気も沈みがちになることがあるのですが、天気に関わらず、凛としてしい花を咲かせる紫陽花がとても好きです。
天気や見る角度によっても、紫陽花の印象は変わり、昔から俳句などで気持ちを謳う句などで詠まれただけある花だと思っています。
素朴で花々しさはないかもしれませんが、人に馴染みぶかい花だと感じます。