花言葉辞典

花言葉辞典では、ヒマワリ(向日葵)の花言葉やその意味を掲載しています。

ヒマワリ(向日葵)の花言葉

花の名前 ヒマワリ(向日葵)
(英語) Sunflower
頭文字
詳細

ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、向日葵を音読みしてヒュウガアオイ、とも呼ばれる。種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培される。また、ヒマワリは夏の季語でもある。

誕生花 8月5日
花言葉
 

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

39歳 / 女性

ひまわりは夏の暑さに負けず太陽に向かって花を咲かせるお花でとても綺麗だからです。凛と佇む感じもとても力強さを感じます。花言葉も「あなたを幸福にします」というのがあり、見た目と相まって自分にとってポジティブになれるようなお花の1つです。あとは、あの綺麗な黄色の花びら。明るい色なので見た目も大きいな割に可さもあるからです。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

36歳 / 女性

ひまわりは、夏に咲く花ですが、太陽に向かって元気いっぱい手を広げていて、ひまわりのような笑顔と例えられるように笑顔を連想させるからです。小学校の時に、同級生の子にひまわりのような笑顔が素敵と言われてから、ひまわりが大好きになりました。また、震災の復興に向けてひまわりが植えられたとの報道を聞き、力強さも持ち合わせたひまわりがより好きになりました。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

28歳 / 女性

3年前に訪れたヒマワリ畑が感動するほどにしかったからです。夏の青空の下、オレンジ色の花びらを太陽に向かって広げる姿に、力強さと躍動感を感じました。ヒマワリには「あなたは素晴らしい」という花言葉があることを知り、ますます好きになりました。見るだけで前向きになれるので、夏になるとヒマワリ畑へ足を運んでしまいます。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

53歳 / 男性

自分が夏生まれなので、ひまわりは夏に咲く花として好きです。今は小さめの花が流通しているみたいですが、昔はひまわりは太陽に向かって伸びる大きい花でした。そんなダイナミックさやはっきりとした黄色い花に元気をもらえます。部屋の中で花瓶に生けてあるひまわりではなく、広い大地に育っている生き生きとした大きいひまわりが好きです。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

34歳 / 女性

ひまわりは部屋にあれば、その場をぱっと明るくしてくる花です。明るく元気になれるのが嬉しいです。太陽をイメージすることができ、私も前向きに何かに向かって頑張ろうという気持ちにさせてくれます。花言葉もあなたを見つめてるという優しい言葉です。頑張ってる私を見ててほしい花です。頑張ってる人に贈りたい花でもあります。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

33歳 / 女性

太陽がふりそそぐ夏、畑1面に黄色い花を咲かせるひまわり。夏を象徴する景色だと私は思います。そのひまわりは太陽に向かって真っすぐ堂々と咲いています。花は真ん中が茶色に黄色の花びらで、力強さを感じます。そして私には花が人の笑顔のように見えます。堂々と力強く笑顔で咲いているひまわりは私を元気にしてくれるため大好きです。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

31歳 / 女性

「向日葵」という漢字と「あなただけを見つめる」という花言葉が、この花にぴったりで大好きです。太陽が燦々と輝く青空の下で咲いているイメージで、夏といえばまずこの花を思い浮かべます。猛暑の夏も、ひまわりが暑さに負けず元気に咲いているところを見ると、元気をもらい頑張ろうという気になります。小さい頃、夏休みにひまわりの迷路で遊んだことはとてもいい思い出です。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

35歳 / 女性

毎年夏になると、自分の背の高さよりも大きなひまわりを見上げて元気をもらいます。夏の青い空に映える黄色の大きな花は、強さを感じますし、見ているだけでもパワーを感じて好きです。好きな花はと聞かれて、真っ先に浮かぶのは、子供の頃からひまわりだったように思います。早くまたひまわりが咲く時期になるといいのにと思います。

花言葉で探す