花言葉辞典

花言葉辞典では、ヒマワリ(向日葵)の花言葉やその意味を掲載しています。

ヒマワリ(向日葵)の花言葉

花の名前 ヒマワリ(向日葵)
(英語) Sunflower
頭文字
詳細

ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、向日葵を音読みしてヒュウガアオイ、とも呼ばれる。種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培される。また、ヒマワリは夏の季語でもある。

誕生花 8月5日
花言葉
 

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

41歳 / 女性

太陽に向かってまっすく咲き誇り、ポジティブなイメージのあるひまわりは、見るだけで心も晴れ晴れとさせ、前向きにさせてくれるような気がします。また幼いころから学校でもよく育てましたし、たくさんの種を取ることも楽しみでした。
田舎の祖父母も長い間庭で育てており、2階まで届くほど高く育つひまわりは、祖父母も亡くなり、家自体も無くなった今となっては、少し切ないながらも上を見上げることができる大切な花です。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

53歳 / 男性

自分が夏生まれなので、ひまわりは夏に咲く花として好きです。今は小さめの花が流通しているみたいですが、昔はひまわりは太陽に向かって伸びる大きい花でした。そんなダイナミックさやはっきりとした黄色い花に元気をもらえます。部屋の中で花瓶に生けてあるひまわりではなく、広い大地に育っている生き生きとした大きいひまわりが好きです。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

23歳 / 女性

元気が出る花の代表と言ってもいいほどポピュラーなひまわりですが、この花を嫌いという人はあまりいないでしょう。太陽のほうを向く、真っすぐ育つ、大きくて派手な花といういうイメージが強いですが、私は小さなひまわりの花が好きです。小さくて背が低いと目立ちはしませんが、大きな花にはないらしさがあると思います。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

45歳 / 男性

夏を代表する花といえばひまわり!
色が黄色とインパクトがあります。
茎の薄緑、真ん中のこげ茶色とのコントラストも
きれいで、かつらしい印象を与えます。
まっすぐに背を伸ばし、
太陽の方向を向いて咲く花はとてもけなげに見えます。
またよく、いろいろな作品の
女の子のキャラクターの名前にもなるくらいに浸透しています。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

33歳 / 女性

太陽がふりそそぐ夏、畑1面に黄色い花を咲かせるひまわり。夏を象徴する景色だと私は思います。そのひまわりは太陽に向かって真っすぐ堂々と咲いています。花は真ん中が茶色に黄色の花びらで、力強さを感じます。そして私には花が人の笑顔のように見えます。堂々と力強く笑顔で咲いているひまわりは私を元気にしてくれるため大好きです。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

33歳 / 女性

私の実家は、母が花が好きで、庭や家の中にも様々な花がたくさん咲いていました。春になると庭にチューリップが咲き、秋には近くの山々が紅葉し、冬は家の中の観葉植物をでていました。中でも、夏の向日葵が一番好きでした。蝉の声と大輪の向日葵の花を見ると、夏になったのだなぁと感じます。また、向日葵は自分にとって元気を与えてくれる花です。大きく高く咲く向日葵は、いつでも元気良くしなさい!と私に言っているような気がして、物言わぬ花ですが、強い言葉を与えてくれる大好きな花です。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

45歳 / 女性

ひまわりが咲いている姿は元気をくれます。ひまわり畑のように集団で咲いていても、ひとつだけポツンと咲いていても、太陽に向かってシャンと伸びて咲いている姿は、見ている人にパワーをくれます。しかも、油が採れたり、畑の緑肥になったりもするのだからスゴイです。育てるのが簡単で、どんなところでもだいたい咲いてくれるのも嬉しいですね。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

37歳 / 女性

ひまわりは、夏を象徴する花です。夏生まれの私は、ひまわりが大好きです。強い日差しにも負けず、空を向いて堂々そびえ立つひまわりの姿に、私は元気をもらいます。ひまわりの花言葉の中には、「あなたを幸福にする」という意味もあります。今私は幼児3人を育てる母親。子どもたちにとって、ひまわりのように元気と幸福を与え得る存在になりたいです。

花言葉で探す