花言葉辞典

花言葉辞典では、ヒマワリ(向日葵)の花言葉やその意味を掲載しています。

ヒマワリ(向日葵)の花言葉

花の名前 ヒマワリ(向日葵)
(英語) Sunflower
頭文字
詳細

ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、向日葵を音読みしてヒュウガアオイ、とも呼ばれる。種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培される。また、ヒマワリは夏の季語でもある。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

37歳 / 女性

ひまわりは、夏を象徴する花です。夏生まれの私は、ひまわりが大好きです。強い日差しにも負けず、空を向いて堂々そびえ立つひまわりの姿に、私は元気をもらいます。ひまわりの花言葉の中には、「あなたを幸福にする」という意味もあります。今私は幼児3人を育てる母親。子どもたちにとって、ひまわりのように元気と幸福を与え得る存在になりたいです。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

41歳 / 男性

ひまわりを見ているとなんだか元気をもらえているような気がします。夏を代表する花の一つだと思いますが、太陽にむかってぐんぐんと成長し自分の身長を超えるひまわりをみることもできます。山梨県に行った時、大量に植えられたひまわり畑をみることができました。その時の感動を今でも忘れられません。決して高価な花ではありませんがりりしく元気に生きている。そんな人間になりたいという思いもあり一番好きな花です。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

43歳 / 男性

夏になると、背が高くて大きな花を咲かせたヒマワリを幼稚園の頃に、通っていた幼稚園の園芸コーナーで見ていたのを今でも鮮明に覚えています。夏の日差しを受けながら、真っ黄色な花を咲かせながら堂々としている風景を見るととても元気が出るのです。大人になってからは、ヒマワリが改良されたのか、花束などにも利用できるサイズのヒマワリが販売されています。夏場は、どの花よりもお花屋さんの店内で目立つ存在です。元気が欲しい時などには、ヒマワリを買って部屋に飾っています。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

45歳 / 女性

ひまわりが咲いている姿は元気をくれます。ひまわり畑のように集団で咲いていても、ひとつだけポツンと咲いていても、太陽に向かってシャンと伸びて咲いている姿は、見ている人にパワーをくれます。しかも、油が採れたり、畑の緑肥になったりもするのだからスゴイです。育てるのが簡単で、どんなところでもだいたい咲いてくれるのも嬉しいですね。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

33歳 / 女性

私の実家は、母が花が好きで、庭や家の中にも様々な花がたくさん咲いていました。春になると庭にチューリップが咲き、秋には近くの山々が紅葉し、冬は家の中の観葉植物をでていました。中でも、夏の向日葵が一番好きでした。蝉の声と大輪の向日葵の花を見ると、夏になったのだなぁと感じます。また、向日葵は自分にとって元気を与えてくれる花です。大きく高く咲く向日葵は、いつでも元気良くしなさい!と私に言っているような気がして、物言わぬ花ですが、強い言葉を与えてくれる大好きな花です。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

33歳 / 女性

太陽がふりそそぐ夏、畑1面に黄色い花を咲かせるひまわり。夏を象徴する景色だと私は思います。そのひまわりは太陽に向かって真っすぐ堂々と咲いています。花は真ん中が茶色に黄色の花びらで、力強さを感じます。そして私には花が人の笑顔のように見えます。堂々と力強く笑顔で咲いているひまわりは私を元気にしてくれるため大好きです。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

24歳 / 男性

深い意味はありませんが、人間に1番元気をくれる花はひまわりだと思います。彼岸花など見た目は綺麗で私も好きなのですが、ネガティブな意味や怖い話もあるのですが、ひまわりに関しては良い話しか聞かないのでそこも気に入っている理由の1つです。でも花が好きな人はこれは嫌いあれは嫌いといった事はなく、世界中の花が大好きだと思います。

ヒマワリ(向日葵)を好きな理由

28歳 / 女性

夏に大輪を咲かせて、気持ちいいくらいにまっすぐ太陽へと伸びており、見ているだけでとても明るい気持ちになれます。それだけでなく、子どもの頃の原風景というか、懐かしさのようなものもあり、例えば夕暮れ時に少しひまわりがこうべを垂れている姿などは、とてもノスタルジックで、哀愁を感じることができます。明るいイメージと、少しの切なさを持ち合わせているひまわりが好きです。

花言葉で探す