花言葉辞典

花言葉辞典では、花言葉「内気な恥ずかしさ」の意味を持つ花を掲載しています。

花言葉「内気な恥ずかしさ」の意味を持つ花一覧

花言葉 花の名前
内気な恥ずかしさ バラ(薔薇)
内気な恥ずかしさ バラ(赤)
花言葉 花の名前

花言葉で探す

花を好きな理由

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 23歳 / 女性

以前住んでいたマンションの名前にローズが含まれていて縁を勝手に感じていてかつ品の良いイメージと多彩なカラーバリエーションに心惹かれます。自分自身は決して高貴な人間ではございませんがそのイメージから自分はすごい場所に住んでいたのだなと特別な気持ちになれると同時にバラを見ることで子供時代を思い出して暖かい気持ちになれるからです。

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 31歳 / 女性

色々な色があって綺麗ですし花といえば薔薇とすぐイメージするくらい花の代表の感じがします。豪なので贈り物やもらってもうれしいですし装飾に使われていてもきれいです。見ているだけでうっとりとした気分になれるので好きです。一度はバラの花束をもらってみたいななんて思ったりもします。薔薇園なんかもきれいで好きです

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 35歳 / 女性

薔薇は、贈り物としても観賞用としても楽しめるところが魅力的です。様々な品種があり、種類によって雰囲気が違うところもポイントです。また、咲き誇った薔薇もゴージャスで綺麗ですが、つぼみが開きかけた状態の薔薇も控えめしいです。切り花として楽しむ場合は咲きかけのものを購入し、開花する様子をでるという楽しみ方もおすすめです。

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 26歳 / 女性

薔薇は非常にゴージャスでしく、薔薇の花束を貰って嬉しくない女性はいないと思います。種類もにあり自分のお気に入りの花を見つけるのも楽しみです。春咲きと秋咲きの種類があるので、長い期間楽しめるのも魅力だと思います。また、育てるのは非常に難しく初心者向きではありません。だからこそ、深い思いを持って大切に育てあげたいと思える花です。

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 29歳 / 女性

バラの花はプロポーズの花、には欠かせない花のイメージがあり、女性の憧れとして大好きです。花言葉も赤色のバラは、あなたを愛しています熱烈な恋など情熱的で素敵です。セレブの人達がお風呂にバラを浮かべていたりゴージャスな花の代表のイメージも強くそういった点でも憧れます。香水に利用される程、エレガントな香りも魅力的でとにかく大好きな花です。

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 40歳 / 女性

バラは、しく、エレガンスな雰囲気、優雅な気分になれる素敵な香りなど、すべてが好きです。色々な色がありますが、白、ピンクが可らしくて特に好きです。
ブーケや花束にしても美しいですし、頂いて1番嬉しいお花です。また、部屋に一輪挿しで飾るだけでも、部屋に雰囲気が出ます。1本の茎からいくつかの花が咲くスプレーバラも小ぶりで愛らしいので大好きです。

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 27歳 / 男性

しい花にはトゲがある、と言われる花ですが茎のトゲの部分含めても本当に美しい花だと思います。赤の他にも黄色や青、紫など様々な色合があり、その色ごとに全く異なる花言葉があるのも面白いです。個人的に好きなのは青色の薔薇、花言葉は「あり得ない奇跡」自然には存在しえないからつけられた花言葉ですが奇跡なような不思議な雰囲気が好きです

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 44歳 / 女性

色や形によってイメージを変えるバラが好きです。多弁な赤い花にはゴージャスな印象を、薄ピンクの小さな花ならば可らしく、白いバラには清楚さを感じたりもします。花びらの形も様々で、柔らかな印象の花もあり、尖った感じの花もあり、高貴な雰囲気を持つ花もあり。バラの花は見ていて飽きることがありません。不可能と言われた青いバラが作り出されたのも忘れてはいけないですね。「かなう」花言葉もとても素敵です。

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 45歳 / 男性

花の中でも際立って豪で格調高いイメージがあります。棘があり扱いづらいというところも人を惹きつける要素の一つではないかと思います。バラはよく知られて意味深なイメージをもたれることもありますが、私は単純にバラの花のバランスの良さや華やかさというものが気に入っていて、一輪あるだけでもその空間の雰囲気が豊かになるように思うのが好きな理由です。

バラ(薔薇)を好きな理由

バラ(薔薇) / 48歳 / 女性

バラはいろいろな種類の花、また色があります。我が家の庭にも7種類ほど育てているのですが、どのバラもそれぞれのしさがあります。鉢植えでも育てられますし、アーチにかけてやかに育てることができます。また、多くの花が春など決まった1シーズンにしか咲かないのですが、種類によっては、1年の間に3回ほど楽しむことができるのです。お花屋さんで買う花の中でもバラは一番華やかですし、プレゼントにも最適です。若い頃人からもらったバラの花束はすてきな思い出です。