花言葉辞典

花言葉辞典では、カサブランカの花言葉やその意味を掲載しています。

カサブランカの花言葉

花の名前 カサブランカ
(英語) Casablanca
頭文字
詳細

カサブランカ(学名: Lilium 'Casa Blanca')は、ユリ科ユリ属の栽培品種の一つ。ヤマユリ、タモトユリなどを原種とするオリエンタル・ハイブリッドの一品種。純白の大輪の花を咲かせ「ユリの女王」と言われる。開花時期は7 - 8月。

誕生花
花言葉
 

カサブランカを好きな理由

カサブランカを好きな理由

38歳 / 女性

白くて凛とした姿がしい、百合の女王とも呼ばれる花。
白と緑のコントラストが美しく、部屋に飾るだけでパッとその場が明るくやかになるので、贈り物としても最適に思われる。
花言葉は「純粋」「祝福」「永遠」など幸福に満ちたものが多く、結婚式でも多く用いられる。
一輪でも美しいし、花束にしても優美である。
カサブランカといえば白いイメージがあるが、淡いピンクのものもらしいのでそちらもおすすめ。

カサブランカを好きな理由

54歳 / 女性

純白で大輪のカサブランカはとても高貴なイメージがあり大好きです。特別な日は、玄関やリビングに必ず飾ります。周りをパッとやかにしてくれ気分が上がると同時に落ち着いた優しい気持ちになれます。もう25年も前になりますが、結婚式のブーケもカサブランカで特別に作ってもらいました。思い出の花でもあり、ずっと大好きです。

カサブランカを好きな理由

45歳 / 男性

カサブランカは白いユリの大ぶりな花が特徴でそれが非常に豪さを演出してくれます。派手な大きな花ですが白い色だけに下品にならずにショップのオープンの祝い花としてもよく利用されています。花のアレンになど考えなくてもカサブランカを数本、大きめ花瓶に活けるだけでも様になりゴージャス感があるカサブランカは気持ちもセレブリティな気持ちにさせてくれます。

花言葉で探す