花言葉辞典

花言葉辞典では、スイレン(睡蓮)の花言葉やその意味を掲載しています。

スイレン(睡蓮)の花言葉

花の名前 スイレン(睡蓮)
(英語) Water lily
頭文字
詳細

スイレン属(スイレンぞく、water lily、学名:Nymphaea)は、スイレン科の属の一つ。水生多年草。日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生する。日本全国の池や沼に広く分布している。白い花を午後、未の刻ごろに咲かせる事からその名が付いたと言われる。睡蓮はヒツジグサの漢名であるが、一般にスイレン属の水生植物の総称として用いられる。

誕生花 7月24日
花言葉
 

スイレン(睡蓮)を好きな理由

スイレン(睡蓮)を好きな理由

39歳 / 女性

スイレンの花といえばモネさんの絵画でも有名ですが、本当にしい花です。池などの水に浮かぶ花で、光によって水がキラキラ輝いたり、風によって水面が揺れたりします。その水に浮かぶ姿もいいんです。水もこの花の一部なんですね。葉もまるい形をしていて平らに水に浮かんでいて、花もすごく丸みのある花びらの形で、可らしくそしてやかなんです。色も透き通るような桃色でとても綺麗なんです。

スイレン(睡蓮)を好きな理由

33歳 / 男性

スイレンは水の上に浮かぶ蓮に咲く花です。
水の蓮とかいて水蓮。
色は紫がかった淡い色で水面に浮かぶ大きな蓮とその真ん中に咲く蓮の花が絶妙なバランスです。
天気がいいと水面に反射した光を浴びてより一層綺麗に見えます。
また水面に映りこむ花もきれいです。逆さ士ならぬ逆さスイレンは見ものです。
荘厳さすら感じさせる見事な花です。

花言葉で探す