花言葉辞典

花言葉辞典では、シャクヤク(芍薬)の花言葉やその意味を掲載しています。

シャクヤク(芍薬)の花言葉

花の名前 シャクヤク(芍薬)
(英語) Peony
頭文字
詳細

シャクヤク(芍薬)はボタン科の多年草。学名 Paeonia lactiflora。高さ約60cm。葉は複葉。初夏、大形の紅・白色などのボタンに似た花を開く。アジア大陸北東部の原産。品種も多い。牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し、芍薬は花の宰相、「花相」と呼ばれる。

誕生花 5月19日
花言葉
 

シャクヤク(芍薬)を好きな理由

シャクヤク(芍薬)を好きな理由

38歳 / 女性

ここ最近、花束やフラワーアレンジメントをいただく機会が多くありました。そのときいただいたいくつかの花束/アレンジメントの中に大きくピンクのしゃくやく(芍薬)が入っていました。とてもやかで豪華な大きな花でしたので、飾っていても存在感があり気に入りました。女性らしく華やかな色合いと存在感がとても好きです。今後は花言葉や旬を調べて私からも花を贈るときに利用したいと思っています。

シャクヤク(芍薬)を好きな理由

42歳 / 女性

薄ピンク色の花びらが幾重にも重なって咲いているしい芍薬を見てから大好きな花になりました。
一口にピンク色といっても濃いピンクや紫がかっているピンク薄いピンクだったりと色々とあります。
他にも白色や赤色もあります。
一重の芍薬もあれば八重の芍薬もあります。
昔から芍薬は肥料が多く必要だと言われていますが咲いた姿を見るとそんな事は気にならないほど
どの芍薬もすばらしくきれいな花です。

シャクヤク(芍薬)を好きな理由

33歳 / 女性

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という人を形容する言葉に使われるくらい、日本らしい美を体現している花だと思う。大きな花弁で鮮やかな色でやかだが、どこかしっとりとしていて西洋バラなどとは違う基本がある。日本風に床の間に飾っても映えるし、ガラスの花瓶などにいれて洋間に飾っても映える。万能な花だといえるだろう。

花言葉で探す