花言葉辞典

花言葉辞典では、花言葉「心の美しさ」の意味を持つ花を掲載しています。

花言葉「心の美しさ」の意味を持つ花一覧

花言葉 花の名前
心の美しさ クレマチス
心の美しさ サクラ(桜)
心の美しさ クレマチス
心の美しさ サクラ(桜)
花言葉 花の名前

花言葉で探す

花を好きな理由

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 45歳 / 女性

桜の花は定番ではありますが、日本人のみならず、海外の方にも人気があります。その理由としては、まず日本中にたくさん植えられており、時期になると一斉に開花する。それは他の木の花も同じでしょう。ですが、桜はまず、木に咲く花としては下向きにも咲いている、すなわち下を歩く人からも綺麗に見える事が他の木の花と少し違うところではないでしょうか。そして、咲いている期間が、天気によれば数日間から1週間程度と限られる。その散り方さえもしく、花びらがはらりはらりと1枚ずつ落ちていく。風が強く吹いた瞬間、桜吹雪に見舞われた時には、なんとも幻想的な体験を得ることとなります。散ったピンク色のい花びらが地面に広がり、淡いピンクの絨毯のようになっている様も美しい思います。

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 40歳 / 女性

日本人の定番ですが私も桜が好きです。あのほんのりと淡いピンク色、満開の桜も散りゆく桜も、昼間に見る桜も、桜も、それぞれ風情がありとてもしいと感じます。桜をでるお花見の文化も、いかにも日本人の心を表しているように思います。最も代表的な桜の種類のピンク色は、濃い鮮やかなピンクではなく白に近い淡い儚げなピンク色ですが、この色は見ると人の心を優しくしてくれる色ではないかと思います。

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 29歳 / 女性

まず見た目が可らしく綺麗です。薄い、白色に近いようなピンクから濃いピンクまで、ピンクといっても様々な種類があり、色が少しずつ違うのも楽しめる要素の1つです。また、お花見の象徴として、周りを明るくにぎやかにしてくれる花だと思います。桜が咲く季節は暖かくなってくる季節です。気分も柔らかくしてくれるので、癒されます。

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 36歳 / 女性

小さい頃に住んでいた場所の近くに桜の木がありました。、散歩に行くときに見たその夜桜の綺麗さに心を奪われました。淡いピンクの花びらが電灯の光によって陰影ができ、昔の人も月明かりで同じ風景を見たのではと、哀愁を感じることができました。また、日本人としての心を揺さぶるというほか、桜の持つ季節感・イメージ全てが花の中でダントツに心に響くものがあるので、桜が好きです。

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 27歳 / 女性

まず淡いピンク色が大好きなので、サクラは見てるだけできゅんとした気持ちになります。日本を代表する花ですから日本らしさを感じられるのもいいですし、暖かい春も好きなので、サクラを見ると今年も春が来たなあとしみじみ思えるのもいいです。花見もみんなとわいわいできて楽しいですし。花びらの形もハートみたいでかわいいです。

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 24歳 / 女性

日本の春といえば桜のイメージ。普通に咲いている時も綺麗ですが風と共に散り、桜吹雪になっているのもなんとも言えない綺麗さがあります。天気に左右されたり見れる期間が限られていますが、種類によってピンクの濃さが違ったり八重桜のように花びらが多いものもあり見た目の違いもあって楽しめます。ついずっと眺めてしまう綺麗さです。春だ春生まれで自分の名前にも使われているので尚更好きです。

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 25歳 / 男性

サクラは日本では3月~4月にみられるようになります。この時期は新しい年度に変わる時期です。学校では新しい学年になり、気持ち新たに頑張ろうという思いがでてきます。サクラを思い浮かべると、気持ちを新たに頑張るんだと前向きな気持ちになります。また、淡いピンク色は目に優しい色であるように思います。そのような理由から、私はサクラが好きです。

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 27歳 / 女性

普通の花と違って、存在そのものは木として一年中あるのに、花が咲く期間はたった1週間あるかないかです。また、毎年同じような時期に咲くので、桜が咲くと、あぁ、今年(去年)も1年頑張ったなぁ、という感慨深い気持ちになります。満開の桜も綺麗ですが、強く風が吹いたときにおこる桜吹雪が、一瞬のしい光景で、儚くて好きです。

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 26歳 / 女性

私がサクラを好きな理由は3つあります。1つ目はピンク色でかわいらしい形相をしているからです。2つ目は春の時期しか咲かず儚さがあり、風情を感じるからです。3つ目は日本人だけでなく海外の人からも知られている花であるため、紹介した時に通じやすいからです。四季を感じられる花だけでなく、やかさもあり、どこか儚い感じもするサクラがすきです。

サクラ(桜)を好きな理由

サクラ(桜) / 44歳 / 女性

日本を代表する花として桜があります。桜が咲くと卒業式や入学式を思い出し、数えきれない出会い別れなどが思い出されます。普段は思い出さない学生時代などの記憶がよみがえり、とても懐かしい時間が過ごせると同時に、今は家族と花見を楽しむなどしています。小さいかわいらしい花びらを見ると春が来た喜びを感じます。桜が散り始めると寂しく感じますが、風に舞う花びらもとてもきれいです。