花言葉辞典

花言葉辞典では、ノウゼンカズラの花言葉やその意味を掲載しています。

ノウゼンカズラの花言葉

花の名前 ノウゼンカズラ
(英語) Trumpet vine
頭文字
詳細

ノウゼンカズラ(凌霄花、Campsis grandiflora)はノウゼンカズラ科の落葉性のつる性木本。夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけ、気根を出して樹木や壁などの他物に付着してつるを伸ばす。中国原産で平安時代には日本に渡来していたと考えられる。夏の季語。

誕生花 7月15日
花言葉
 

ノウゼンカズラを好きな理由

ノウゼンカズラを好きな理由

31歳 / 女性

・棚から垂れ下がって咲く様子が舞妓さんの簪のように見えて艶やかだから
・薄い花弁がランプシェードのようでしいから
・花の房が風にゆらゆらと揺れる様子が涼しげだから
・真夏の青空と橙色の花の対比が鮮やかで綺麗だから
・一般家庭でも育てやすい丈夫な花だから
・つる性植物の多年草なので毎年花を楽しめるから
・花の色が橙赤黄桃白などとだから
・開花期間が長いため夏の間中花を見られるから

花言葉で探す