ダリアの花言葉

花の名前 ダリア
(英語) Dahlia
頭文字
詳細

ダリア(英語: dahlia、学名:Dahlia)は、キク科ダリア属の多年生草本植物の総称。「ダリア」 (dahlia) の名は、スウェーデンの植物学者でリンネの弟子であったアンデシュ・ダール (Anders Dahl) にちなむ。和名は、花の形がボタンに似ているため、テンジクボタン(天竺牡丹)と呼ばれた。

誕生花 7月29日
花言葉
 

ダリアを好きな理由

ダリアを好きな理由

20歳 / 男性

私はボート部に所属しており、私が初めて乗った艇の名前がダリアであったため、ダリアに興味を持ったことがきっかけです。この花を実際に見たのは今年の夏で、長野県のある高原で見たとき、思ったより大きいこと、複雑なつくりであること、様々な色があることに惹かれてこの花が好きになりました。私はこれからも夏が来るたびにダリアを思い出すことでしょう。

ダリアを好きな理由

27歳 / 女性

ダリアは様々な色や形のものがあり、どれをとっても多彩で見ているだけで幸せな気分になれます。特に豪華やかなので、カクタス型のものが好きです。旦那が初めてプレゼントしてくれたのがダリアだったので、そこからきっかけで好きになりました。結婚式でも使用しましたが、一輪がとても大きく存在感もあるので数本で一気に華やかになりました。

ダリアを好きな理由

29歳 / 女性

私の生まれ育った町には日本一(自称)のダリア園があります。社会人になり一時期ダリア園で働く機会があったのですが、園内だけでも650種類のダリアが咲き競い、その大きさ・色・形の多様さに驚きました。品名も「はちみつボンボン」や「星の王子」などユニークなものが多く、交配によって生まれた新たな品種に対して、毎年その品名を公募しているからだと知りました。作る人と見る人との共同作業で生まれる花であり、そのにこたえるように毎年色彩豊かに咲くダリアが好きです。

ダリアを好きな理由

28歳 / 女性

私がダリアを好きな理由は、顔よりも大きな花から手のひらサイズの小さな花までサイズも幅広く色もで、多種多様な姿がある花だからです。ダリアというと花が小さく地味だという印象を持たれがちですが、最近は品種改良が進んでおり、今では一万種以上の種類があるそうです。ぽんぽんとしたかわいらしい姿や堂々と咲き誇る大輪の姿の花たちが一気に咲き乱れる様子はまさに百花繚乱と表現するにふさわしい光景です。

ダリアを好きな理由

27歳 / 女性

ダリアといえば赤やオレンジ色の大きくてやかなイメージの花ですが、実はコスモスのような小さめの花が咲く種類から大人の顔より大きな花をつける種類まで、色や大きさ、花弁の形にたくさんの種類があります。私は特にポンポンダリアと呼ばれるまん丸の種類が大好きです。いろいろな色をした小さい鞠のような花が本当に可らしく思えます。花のバリエーションがで自分の好きなダリアを見つけたときはとても嬉しい気持ちになる、大好きな花です。

ダリアを好きな理由

33歳 / 女性

家の近所に秋になると咲いています。とにかく目立つ!初めて見た時、この背が高くてかっこいい花は何だろう?と思い調べてみると皇帝ダリアでした。一目惚れでした。この名前であることがすぐに納得できるような気高い花の姿は見る度に見惚れてしまいます。つぼみも丸々としていてらしいです。薄紫色の花が一株にどんどん咲いて、長い間楽しませてくれます。

ダリアを好きな理由

30歳 / 女性

青山フラワーマーケットで販売されているのをきっかけにこの花を知りました。丸いフォルムが可らしくてとても好きです。元々花は好きだったのですが、これまで自分で買う機会はほとんどありませんでした。ですがダリアが売られている時、初めて自分の為に花を購入しました。赤やピンク、オレンジ、白など色味もなのでその時の気分で選ぶのがとても楽しいです。

花言葉で探す

Top