キンモクセイ(金木犀)の花言葉

花の名前 キンモクセイ(金木犀)
(英語) Osmanthus fragrans
頭文字
詳細

キンモクセイ(金木犀、学名: Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、モクセイ(ギンモクセイ)の変種。中国では、正しくは丹桂がこれに当たるが、一般には桂花の名で呼ばれることがある。しかし、桂花は木樨属におけるひとつの種名であり、金桂(ウスギモクセイ)、銀桂(ギンモクセイ)などを含む全ての亜種・変種・品種を総括するものである。

誕生花 10月6日
花言葉
 

キンモクセイ(金木犀)を好きな理由

キンモクセイ(金木犀)を好きな理由

52歳 / 女性

我が家の庭先に咲く金木犀。今年は特に香りが強かったので、近所の人にもこの金木犀が、秋を届けたのではないのかなと思います。オレンジの色が青空とマッチして、綺麗だったので、何度も角度を変えて写真に撮ったりして楽しむ事ができました。
ほんの少しの期間ですが、私の中では秋には欠かせない花になっています。また1年後のお楽しみ・・・

キンモクセイ(金木犀)を好きな理由

38歳 / 女性

花はいろいろ好きですが、とりわけ金木犀はとても良い匂いで、大好きです。

小学生の頃、小学校の校庭に植えてある金木犀の花が咲く頃には、
いつもオレンジいろの小さな花をポケットいっぱいに入れて帰宅していたのを今でも思い出します。

匂いが好きで、筆箱にもたくさん入れて、
開ける度に良い匂いがするのがうれしくて、何度も何度も開けて匂いを嗅いでいました。

落ちている小さな花もとても可らしく、
幼少の頃、小さい物グッズ(ちいさいおもちゃ、消しゴム、お皿や可愛い箸置きなど)を収集していた私には、
落ちている中から汚れたり踏まれたりしていないキレイな花を探す事も、楽しみのひとつだった気がします。

毎年秋になって金木犀が鈴なりになった気を見ると、幼い頃の幸せな気持ちでいっぱいになります。

キンモクセイ(金木犀)を好きな理由

33歳 / 女性

私の一番好きな季節が秋なのですが、秋の訪れを鼻で感じさせてくれるのが金木犀です。歩いているとふわっと香る、あの主張し過ぎない香りと、薄いオレンジ色の小さならしい花を咲かせるところが大好きです。今ではあまり見かけませんが、小さい頃はあちこちの家の庭に金木犀が植わっていていたので、匂いを嗅ぐとどこか懐かしい気持ちになるところも好きな理由です。

キンモクセイ(金木犀)を好きな理由

32歳 / 男性

金木犀は秋になるといい香りを運んできてくれます。夏が終わり秋になると段々と日も短くなり、少し寂しい気持ちになりますが、そんな時に金木犀の香りがすると「ああ、もうそんな季節か。でも、この香りが嗅げるから悪くないな」と思えます。橙色の小さく落ちやすい花も、可憐な感じがして好きです。あんなに小さい花から、あの強くて良い香りがするのかと思うと、頑張ろうという気になります。

キンモクセイ(金木犀)を好きな理由

32歳 / 女性

秋になるとオレンジ色の綺麗でらしい花が咲き、柑橘系のとてもいい香りがしてくるのが好きです。干していた洗濯物にもその香りがつき、とても心地よい香りがする服を着るのが好きです。柔軟剤いらずの天然の香りなので、気分も悪くなりません。また、お酒にも金木犀のリキュールはあり、様々なところでその香りがするのが面白いです。

キンモクセイ(金木犀)を好きな理由

40歳 / 女性

少しずつ暑さが和らいで過ごしやすい気温になり、朝晩が少し冷えるようになるとどこからともなく金木犀の香りが漂ってきて、秋が来たのだと実感できるので大好きです。花自体をでるというよりは香りを楽しむ花で、私の中では春の沈丁花と並んで香りで季節を感じられる、また季節の楽しい思い出を香りとともに反芻できる大好きな花です。

キンモクセイ(金木犀)を好きな理由

21歳 / 女性

毎年金木犀の香りがしてくると、秋の訪れを感じます。なんといっても、金木犀の優しい甘くてさわやかな香りがとても好きです。香りに加え、小さくて鮮やかなオレンジ色の見た目も、とても可らしくてやいと思います。金木犀の花が咲き、風にのって良い香りが漂ってくる期間というのはとても短いですが、毎年、この時期を楽しみにしています。

キンモクセイ(金木犀)を好きな理由

29歳 / 女性

金木犀のあの甘い匂いが好きだからです。窓を開けた時や街の中でふと匂いを感じると秋が来たと実感して毎年嬉しくなります。どこからともなくふわっと香ってくるあの匂いがとても好きです。真実、初という素敵な花言葉を持っており、そんなところも魅力的です。オレンジ色の小さな花もかわいらしく見ていて微笑ましく感じます。

花言葉で探す

Top