花言葉辞典

花言葉辞典では、ギンモクセイの花言葉やその意味を掲載しています。

ギンモクセイの花言葉

花の名前 ギンモクセイ
(英語) Osmanthus fragrans Lour
頭文字
詳細

モクセイ(木犀、学名: Osmanthus fragrans)は、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木。別名、ギンモクセイ(銀木犀)という。中国名は桂花。広義では、Osmanthus fragrans に属する変種、品種(ギンモクセイ、キンモクセイ、ウスギモクセイなど)の総称であるが、単に「木犀」と言う場合は、ギンモクセイを指すことが多い。

誕生花
花言葉
 

ギンモクセイを好きな理由

ギンモクセイを好きな理由

45歳 / 女性

キンモクセイは秋に咲く花で、和歌では秋の季語として用いられます。派手さはありませんが緑の葉に小さいオレンジ色の花を沢山咲かせ、控えめですが可憐らしさがとても好きです。強い甘めの香りも好きで香りを生かした桂花陳酒や桂花茶はリラックスしたい時におすすめです。甘い香りがふんわりと漂うよう時期になると秋の訪れを感じます。

ギンモクセイを好きな理由

42歳 / 女性

キンモクセイは祖父の好きな花でもあり、実家ではいつもキンモクセイの季節になるとお手洗いに飾ってありました。今は、嫁いだ家の近くに大きな公園があるのですが、犬の散歩をする時に秋口になると風に乗って良い香りがしてきて、懐かしさと共に「あぁ、キンモクセイの季節がやってきたんだなぁ。」と季節の変わり目を感じることが出来、四季のある日本の風情を心地よく感じています。

ギンモクセイを好きな理由

30歳 / 女性

きんもくせいは秋の時期にしか咲かない花ですが、香りがとてもすごくよく甘い香りで花も小さくかわいくて癒されます。マグノリアの香水を使っていたのですが友達からマグノリアがきんもくせいというのを聞いてもっと好きになりました。きんもくせいのにおいを嗅ぐと学生時代当時の彼氏と一緒に帰った帰り道を思い出し懐かしい気分になります。

ギンモクセイを好きな理由

32歳 / 女性

キンモクセイの甘くさっぱりとした匂いがすると、「冬の始まりなんだなぁ」と思います。小さいころから知っている匂いなので懐かしい気持ちにもなります。また私は中国出張が多く、異国の地での生活はホームシックなどもあり不安な気持ちも多です。ですが、中国にもキンモクセイが生息しており、キンモクセイの匂いがしてくると異国の地にいる私のここをを安心させてくれます。いろいろと思いのある花です。

ギンモクセイを好きな理由

30歳 / 男性

秋の初めになり過ごしやすくなってきたころにあの甘い香りがほのかに香り、秋を感じさせてくれるところが気に入っています。
どこに咲いているのだろうと思わず探してしまう大好きな香りです。
香りが強いにもかかわらず花の存在感があまりないのもどことなく好きです。
今住んでいる公園にもありいい香りだなといい気分になりながら出勤しています。

ギンモクセイを好きな理由

30歳 / 女性

キンモクセイは、どこにあっても、どこからか良い香りがしてきて、すぐそばにないのに、周りにまで香りが漂うのがすごく気持ちいいので好きです。また、オレンジ色のい花がたくさんついているのも良く、落ちた後も、汚い感じがしないので良いです。また、キンモクセイの香りをかぐと、もう秋だなという感じがし、今年も一年が過ぎたんだと感じるなど、花の香りが思い出にもなるから。

ギンモクセイを好きな理由

46歳 / 女性

キンモクセイの香りが大好き。小学生の通学路にキンモクセイ沢山があったので、通学中にいつもキンモクセイの香りを感じていました。そのせいかキンモクセイが咲く時期になると、いつもこのほのかな甘い優しい香りに癒されて、何十年も前なのに小学生の頃の記憶が走馬灯のようによみがえってきます。
キンモクセイは私にとって懐かしさを感じさせてくれる大好きな花です。

ギンモクセイを好きな理由

26歳 / 女性

秋になり街を歩いていると、ふとキンモクセイの香りがどこからか漂ってきます。その香りがすごく好きで、キンモクセイの季節になると外に出るのが好きになります。割とどこにでもある花なので、身近に感じられるところも好きです。花も良く見てみると色が綺麗なオレンジ色をしていて、小さいながらに存在感があり目を惹かれます。

花言葉で探す