花言葉辞典

花言葉辞典では、ナノハナ(菜の花)の花言葉やその意味を掲載しています。

ナノハナ(菜の花)の花言葉

花の名前 ナノハナ(菜の花)
(英語) Brassica rapa
頭文字
詳細

菜の花(なのはな)は、アブラナまたはセイヨウアブラナの別名のほか、アブラナ科アブラナ属の花を指す。食用、観賞用、修景用に用いられる。季語、晩春。アブラナ属以外のアブラナ科の植物には白や紫の花を咲かせるものがあるが、これを指して「白い菜の花」「ダイコンの菜の花」ということもある。

誕生花
花言葉
 

ナノハナ(菜の花)を好きな理由

ナノハナ(菜の花)を好きな理由

26歳 / 男性

元々緑色が好きな色なので、菜の花の黄色と茎の緑色のコントラストがとても素敵に思えます。
さらに、風が吹いて揺れているのを見るとらしさと癒しを覚えます。
菜の花の香りが苦手という方もいますが、私はあの香りを嗅ぐと春から夏へ移り変わることを思い出し、嬉しい気分になれます。
また、花言葉は快活明るさといった意味があるそうで、私と対照的な花言葉も好きな理由です。

花言葉で探す