花言葉辞典

花言葉辞典では、ケシの花言葉やその意味を掲載しています。

ケシの花言葉

花の名前 ケシ
(英語) Papaver somniferum
頭文字
詳細

ケシ(芥子、罌粟、Opium poppy、学名 Papaver somniferum)は、ケシ科ケシ属に属する一年草の植物。日本語のケシは英語のpoppyと同義とされるが、英語では単に poppy といえばイギリス各地に自生しており、園芸種としても盛んに栽培されているヒナゲシ Corn poppy を指す。一方日本語で単にケシといった場合、それが種指定をも包含している場合はもっぱら本種を指す。英語では本種を Opium poppy と呼び poppy とは明確に区別している。日本語でも、他の園芸用ケシ属植物と区別するため、特に本種を阿片ケシ(アヘンケシ)と呼ぶことがあり、学会などでは種小名を用いソムニフェルム種と呼ぶ。

誕生花
花言葉
 

ケシを好きな理由

ケシを好きな理由

52歳 / 女性

ケシの花と言えば、ポピー、雛芥子など色々な種類がありますが、どれも好きです。あの透き通るような花弁がはかなくて風に揺れると弱々しそうな雰囲気が好きですね。でも以外と繁殖能力が強く、何処にでも根付いて咲くそうです。見た目はかなそうで実は大地にシッカリと根付くたくましさが、何故かいいなと思って、気がついたら大好きな花になっていました。芯の強さを感じられる所が好きなのかもですね。

ケシを好きな理由

52歳 / 女性

ヒマラヤ山の高原植物です。「幻の青い花」と呼ばれていました。子供の頃植物図鑑で知ってから何故かその花が好きで、
よく植物図鑑を眺めていました。大人になり、地方の花フェスタで実際にその花を見たときは、感動でしばしその場所から離れられないくらい見とれていました。ケシ科の花ですが、青い花びらが透き通っていて、凄く綺麗です。

花言葉で探す