花言葉辞典

花言葉辞典では、ボタン(牡丹)の花言葉やその意味を掲載しています。

ボタン(牡丹)の花言葉

花の名前 ボタン(牡丹)
(英語) Paeonia suffruticosa
頭文字
詳細

ボタン(牡丹、学名:Paeonia suffruticosa)は、ボタン科ボタン属の落葉小低木。または、ボタン属(Paeonia)の総称。 別名は「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など多数。

誕生花 5月3日
花言葉
 

ボタン(牡丹)を好きな理由

ボタン(牡丹)を好きな理由

27歳 / 女性

「王者の風格」という花言葉のとおり、大輪の花を咲かせるその姿はあでやかさと迫力に満ちています。
また、薄い花びらが幾重にも重なってできた花は、やかさだけでなく繊細さと気品をまとっており、古くから「花の王様」と呼ばれてきたのもうなずけます。一輪でのしさもさることながら、牡丹園などで赤やピンク、白などの色とりどりの牡丹が咲き乱れる様は、幽玄の世界に迷い込んでしまったかのような神秘的な美しさがあります。

花言葉で探す