花言葉辞典

花言葉辞典では、タマスダレの花言葉やその意味を掲載しています。

タマスダレの花言葉

花の名前 タマスダレ
(英語) Zephyranthes candida
頭文字
詳細

タマスダレ(玉簾、学名: Zephyranthes candida)は、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)タマスダレ属の球根草。和名の由来は、白い小さな花を「玉」に、葉が集まっている様子を「簾」に例えたことによる。別名のレインリリー(雨ユリ)とは、ゼフィランサス属及び近縁のハブランサス属(英語版)の総称であり、タマスダレだけの別名ではない。まとまった雨後に一斉に花茎を伸ばし開花することに由来する。また、タマスダレを「ゼフィランサス」ということもあるが、本来、ゼフィランサスは属名であるので注意を要する。

誕生花 9月13日
花言葉
 

タマスダレを好きな理由

タマスダレを好きな理由

38歳 / 女性

純白という言葉がふさわしい真っ白の花を見ると心が洗われます。夏の明け方にこの花が咲いているのを見ると自然の造形の神秘に触れたような気がします。うまれたてのように白く輝いているのに、丈夫で日当たりが悪いところでも条件が悪いところでもけなげに咲く雑草のような生命力も好きです。この花のように生きたいなと思います。

花言葉で探す