花言葉辞典

花言葉辞典では、ワスレナソウ(忘れな草)の花言葉やその意味を掲載しています。

ワスレナソウ(忘れな草)の花言葉

花の名前 ワスレナソウ(忘れな草)
(英語) Myosotis
頭文字
詳細

ワスレナグサ(勿忘草、忘れな草)は、広義には、ムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称。狭義には、ワスレナグサ属の一種、シンワスレナグサ(学名:Myosotis scorpioides)の和名。ただし、園芸業界でワスレナグサとして流通しているのは、ノハラワスレナグサ (M. alpestris)、エゾムラサキ (M. sylvatica)、あるいはそれらの種間交配種である。一般には、広義の意味で称される。季語は春である。 5月14日の誕生花としても良く知られている。

誕生花
花言葉
 

ワスレナソウ(忘れな草)を好きな理由

ワスレナソウ(忘れな草)を好きな理由

48歳 / 女性

昔、忘れな草の絵を書いてもらったことがあります。雑草と間違えられやすいですが、小さくてかわいらしい花です。青や薄紫、ピンクといった色がありますが、私はよく見る青色の花が好きです。小さい花でもまとまっていると、素敵な花束になります。尾崎豊さんの「忘れな草」を歌いながら、花を眺めているときは最高です。忘れな草一面の花畑をボーっと眺めていたいです。

ワスレナソウ(忘れな草)を好きな理由

41歳 / 女性

目立たないけど、ひそやかな感じが心を落ち着かせる感じがします。忘れな草は英語名でforget-me-notといって、センチメンタルな気分になります。小さな花がたくさんあり、ふんわりした印象も、優しい感じがして、癒されます。他の花の脇役的な控えめなところも魅力的です。高級そうではなくて、庶民的なところも身近な感じがして、好きなところです。 

花言葉で探す