花言葉辞典

花言葉辞典では、ヤエザクラ(八重桜)の花言葉やその意味を掲載しています。

ヤエザクラ(八重桜)の花言葉

花の名前 ヤエザクラ(八重桜)
(英語) Prunus lannesiana
頭文字
詳細

カンザン (関山 学名:Prunus lannesiana Wils. cv. Sekiyama )はバラ科サクラ属の植物。サトザクラ群の桜の園芸品種。学名にはセキヤマという名が登録されており、別名はセキヤマ。どちらの読みが正しいかは分かっていない。 ヤエザクラでは非常に一般的な種であり、育てやすいことなどから街路樹や公園の植木などとしても植えられていることが多く見る機会も非常に多い。

誕生花
花言葉
 

ヤエザクラ(八重桜)を好きな理由

ヤエザクラ(八重桜)を好きな理由

45歳 / 男性

一般的であるソメイヨシノやしだれ桜も綺麗なのですが、大きさや枝ぶりのよってかなりボリュームに差があります。しかし八重桜は名前の通り花びらの枚数が多く重なり合っているので、ポンポンのように丸くボリュームがあって「ふわっと」しているのが良いですね。満開になると柔らかな感じが優しげで穏やかな気持ちになれます。しかも色も濃い目で鮮やかさもあるので、写真を撮る被写体としても大好きな花です。

花言葉で探す