花言葉辞典

花言葉辞典では、ヒヤシンスの花言葉やその意味を掲載しています。

ヒヤシンスの花言葉

花の名前 ヒヤシンス
(英語) Hyacinth
頭文字
詳細

ヒアシンス(風信子、飛信子、学名: Hyacinthus orientalis)は、ツルボ亜科ヒアシンス属の球根性多年草。ヒヤシンスとも表記する。耐寒性秋植え球根として扱われ、鉢植えや水栽培などで観賞される。春先に香りのよい花を咲かせる。原種本来の花色は紫青色のみだが、園芸品種には暖色から寒色までさまざまな色彩が濃淡豊かに揃う。

誕生花 4月11日
花言葉
 

ヒヤシンスを好きな理由

ヒヤシンスを好きな理由

51歳 / 女性

春の香りのイメージでヒヤシンスの香りが大好きです
カラフルで品種によって色もたくさんあり
花の数も多いのでやかなイメージがあります
冬には花が少なくて寂しい気持ちの時になっていますが
春になりヒヤシンスが咲き出すとこれから暖かくなり
希望に満ちた楽しい気持ちになります
水栽培したのも小学校の思い出の記憶も蘇ります

ヒヤシンスを好きな理由

32歳 / 女性

根の成長過程が感じられる水耕栽培が好きでヒヤシンスの球根を購入したのがきっかけでした。まず様々な色があり複数の花をつけるため見た目もやかで香りも良くお部屋全体に広がります。根の成長スピードが速いため毎日の変化を観察できて楽しめます。花が咲いている期間も長めなので育てがいがとてもあります。前回は白色を購入しましたが儚げな感じが良かったです。

花言葉で探す