花言葉辞典

花言葉辞典では、ヒイラギ(柊)の花言葉やその意味を掲載しています。

ヒイラギ(柊)の花言葉

花の名前 ヒイラギ(柊)
(英語) Osmanthus heterophyllus
頭文字
詳細

ヒイラギ(柊・疼木・柊木、学名: Osmanthus heterophyllus)は、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木である。和名は、葉の縁の刺に触るとヒリヒリと痛むことから、「ヒリヒリと痛む」旨を表す日本語の古語動詞(働き言端)である「疼(ひひら)く・疼(ひいら)ぐ」の連用形・「疼(ひひら)き・疼(ひいら)ぎ」をもって名詞(なことば)としたことによる。東アジア原産で、日本では本州(関東地方以西)、四国、九州、琉球の山地に分布しているほか、外国では台湾でも見られる。

誕生花 2月3日
花言葉
 

花言葉で探す