花言葉辞典

花言葉辞典では、スイセン(水仙)の花言葉やその意味を掲載しています。

スイセン(水仙)の花言葉

花の名前 スイセン(水仙)
(英語) Narcissus
頭文字
詳細

スイセン属(スイセンぞく、学名: Narcissus)は、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)の属のひとつ。この属にはニホンズイセンやラッパスイセンなど色や形の異なる種や品種が多くあるが、この属に含まれるものを総称してスイセンと呼んでいる。原産地は主にスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域、アフリカ北部まで広がり、原種は30種類ほど知られている。また、園芸用に品種改良されたものが広く栽培されている。日本においては、ニホンズイセンが古くに中国を経由して渡来したといわれている。分布は、本州以南の比較的暖かい海岸近くで野生化し、群生が見られる。越前海岸の群落が有名であり、福井県の県花ともなっている。

誕生花 1月4日
花言葉
 

スイセン(水仙)を好きな理由

スイセン(水仙)を好きな理由

52歳 / 男性

スッと伸びた茎の先に咲く清楚な花が好きです。最近は八重咲きの品種も多いですが、一重咲きの方により清楚さを感じます。
秋の終わりから冬に出た芽がぐんぐん伸びていく様子は春への期待感を高めてくれます。
それから、一輪差しに活けても、花壇でまとまって咲いていても、海岸で自生していても、それぞれに趣を感じます。
いつかは庭いっぱいにスイセンを咲かせてみたいと思っています。

花言葉で探す