花言葉辞典

花言葉辞典では、レンゲソウの花言葉やその意味を掲載しています。

レンゲソウの花言葉

花の名前 レンゲソウ
(英語) Milk vetch
頭文字
詳細

ゲンゲ(紫雲英、翹揺 Astragalus sinicus)はマメ科ゲンゲ属に分類される越年草である。中国原産。レンゲソウ(蓮華草)、レンゲ、とも呼ぶ。ゲンゲの花は、良い「みつ源」になる。蜂蜜の源となる蜜源植物として利用されている。 ギリシア神話では、祭壇に捧げる花を摘みに野に出た仲良し姉妹の話が有名。ニンフが変身した蓮華草を誤って摘んでしまった姉のドリュオペが、代わりに蓮華草に変わってしまう。「花はみな女神が姿を変えたもの。もう花は摘まないで」、と言い残したという。

誕生花 3月12日
花言葉
 

レンゲソウを好きな理由

レンゲソウを好きな理由

24歳 / 女性

小さい頃に島に住んでいて、季節になると田んぼ1面にレンゲが咲き渡っていてとても綺麗だったのを覚えています。いつもたくさん摘んでは花にして遊んでいました。しかし、大学進学にあたって島には大学がなかったので、島をでなければならず、今も島外で働いています。そのため、レンゲの咲いている風景は思い出深いので大好きです。

レンゲソウを好きな理由

30歳 / 女性

レンゲは店で売られる花ではありません。野原や田植え前の田んぼに広がる、いわば田舎や山間地域でしか見ることのない花です。春の訪れとともに、一面に広がるピンク色のらしい姿に心惹かれます。子どもの頃は、レンゲを摘んで花かんむりを作ったり、ほのかに香る甘い蜜を味わったりしたものです。こうしたの野花の素晴らしさは、鑑賞用の花と違い、ただ自然の中で誰の目も気にすることなく生きている姿だと思います。

花言葉で探す