花言葉辞典

花言葉辞典では、ホテイアオイの花言葉やその意味を掲載しています。

ホテイアオイの花言葉

花の名前 ホテイアオイ
(英語) Eichhornia crassipes
頭文字
詳細

ホテイアオイ(布袋葵、学名:Eichhornia crassipes)は、単子葉植物ミズアオイ科に属する水草である。南アメリカ原産で、水面に浮かんで生育する。花が青く美しいので観賞用に栽培される。別名ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス。南アメリカを原産地とする。北アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、ハワイ、韓国、台湾、日本、東南アジアなどの広い地域で外来種として移入分布している。

誕生花 8月7日
花言葉
 

ホテイアオイを好きな理由

ホテイアオイを好きな理由

35歳 / 女性

ホテイアオイは水草として有名な植物ですが、綺麗な花を咲かせることでも知られています。花びらの色は薄紫色ですが、上部の花びら1枚に黄色と紫のワンポイント模様が入っているのが神秘的で、いつ見ても惚れ惚れします。花自体も大振りなので存在感があり、ビオトープなどで育成するととてもやかです。植物自体が育てやすいのもポイントです。

花言葉で探す