花言葉辞典

花言葉辞典では、ホウセンカの花言葉やその意味を掲載しています。

ホウセンカの花言葉

花の名前 ホウセンカ
(英語) Balsam
頭文字
詳細

ホウセンカ(鳳仙花、学名:Impatiens balsamina)はツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草。東南アジア原産。観賞用によく栽培される。果実は蒴果(さくか)で、熟すと果皮の内外の細胞の膨圧の差によって弾性の力を蓄積し、弾けて種を遠くに飛ばす。自然に弾ける寸前となった果実は指で触るなどの些細な刺激でも容易に弾ける。属名Impatiens(ラテン語で「我慢できない」の意)もこのことによる。

誕生花 9月18日
花言葉
 

ホウセンカを好きな理由

ホウセンカを好きな理由

36歳 / 女性

子供の頃から近所や通学路で見かけることもあり、時に摘んで下の玉の部分を伸ばして友達と遊んだりして、ずっと親しんできた花でしたが、一番この花を好きになった理由は、この花が自分の誕生花ということと、花言葉の私に触れないでというクールと言うか切ない言葉が大好きで、それ以来より特別な感情をこの花に抱くようになりました。

花言葉で探す