花言葉辞典

花言葉辞典では、アネモネの花言葉やその意味を掲載しています。

アネモネの花言葉

花の名前 アネモネ
(英語) Anemone
頭文字
詳細

アネモネ(学名:Anemone coronaria)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。和名はボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)。または、アネモネ属(Anemone)の総称を表すこともある。地中海原産で、語源はギリシア語で「風」を意味するΆνεμος (anemos)から。ギリシア神話中に、美少年アドニスが流した血よりこの植物が産まれたとする伝説があり、稀にアドニスと呼ぶこともある。なお、adonisはフクジュソウ属の学名である。

誕生花 3月13日
花言葉
 

アネモネを好きな理由

アネモネを好きな理由

47歳 / 女性

大きな花が一本の茎に付いていて、可らしく、色がどれもきれいなところが好きです。一本でやかというところが好きなのだと思います。すっくと立っていてシンプルな形が花らしくて良いです。キンポウゲ科の花に惹かれます。他にも好きな花がありますが、ほとんどがキンポウゲ科の花になります。もしかしたら自分の立ち姿と似ているかも知れません。

アネモネを好きな理由

35歳 / 女性

春の訪れとともにかわいいつぼみを付けるアネモネはいろんな色があり、その年につぼみを付けるまでどんな花が咲くのかわからない、そんな楽しさがあります。つぼみがかわいらしいという楽しみ、そしてその後に開く花の色の綺麗ないろどり。毎年庭のどこからか咲いてくるアネモネをみるととても幸せな気持ちになります。だんだんと開いていく花のどの姿もとてもらしい。

花言葉で探す