アサガオ(朝顔)の花言葉

花の名前 アサガオ(朝顔)
(英語) Morning glory
頭文字
詳細

アサガオ(朝顔、学名: Ipomoea nil 、英: Morning glory)は、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物。日本で最も発達した園芸植物。古典園芸植物のひとつでもある。中国語で牽牛(簡)。日本では「蕣」の漢字も当てられる。

誕生花 8月1日
花言葉
 

アサガオ(朝顔)を好きな理由

アサガオ(朝顔)を好きな理由

23歳 / 女性

誰でも種を蒔いて水を与えるだけで花を咲かせられる育て易さが良いです。毎年きっちり種をつけてくれるので、毎年種や苗を新たに購入せずともそれを毎年蒔く事で安価で毎年たくさんの花を楽しむ事ができます。特に母が毎朝朝顔の花を数えるのが楽しみで暑い夏の貴重な楽しみ、家族のコミュニケーションツールとなってくれています。

アサガオ(朝顔)を好きな理由

35歳 / 女性

朝顔をみると、子どもの頃に夏休みを使って一人一鉢育てる宿題があったことを思い出します。だからか、朝顔に親しみを感じるし守ってあげたくなります。
最近近所に咲いているのを見つけて、そのくるくるとフェンスに巻き付くツルが可くて写真を撮ってしまいました。
お花の大きさも大きすぎず小さすぎず、紫色の色味が濃かったり、ピンクに近かったり、薄かったり、全て可愛くて好きです。

アサガオ(朝顔)を好きな理由

19歳 / 女性

小学校に入学してすぐに、アサガオを育てる機会がありました。
育つのか心配しつつも、毎日登校してすぐ、欠かさず水やりをしていたら、ある日綺麗な花を咲かせていたのです。自分で頑張って育てた分、その可さは倍増でした。
この出来事をきっかけとして、私はアサガオが好きになりました。今でも、街中でアサガオを見かけると、心が踊るほどです。

アサガオ(朝顔)を好きな理由

50歳 / 女性

夏の代表の花、朝顔ですが、わが家ではリュウキュウアサガオを地植えにしています。
夏の暑さ対策にグリーンカーテンを始めましたが、1年草の朝顔ではなかなか大きくならず、リュウキュウアサガオを植えました。
大ぶりの紫の花がきれいです。
年々冬越しの茎が丈夫になり、夏に伸びるツルも葉もしっかりして大いに日よけの役目を果たしてくれています。

アサガオ(朝顔)を好きな理由

31歳 / 男性

小学生1年生が、生活科の学習でよく利用するアサガオです。種からまいて、芽が出てくるとき、子供たちは感動の瞬間です。そして丁寧に水やりを行えば、それほど苦労なくつるが伸びてきて、花が咲き始めます。紫やピンクが主流でしょうか。咲いて枯れてもまた次の花が咲く。6月にかけて色鮮やかな花が日々の生活を輝かせてくれます。ぜひおすすめしたいと思います。

花言葉で探す

Top